satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

ただ真実が明らかになるように。

ただ真実が明らかになるように。

おはようございます、satoです。

最近、森友学園の国有地売却問題が話題になっています。
最初は国有地が不自然な値下げをされて私立学校法人の森友学園に売却されたことでしたが、徐々に森友学園の教育に対して様々な指摘があり、さらに政治家の関与が疑われ始めた…という感じの流れです。
韓国でも大統領の友人が政治に関わっていたということで捕まり、韓国史上初の大スキャンダルになりかねない状態になっていますが、まかり間違えればこの事件もそうなりかねない印象があります。

こういう政治に関する話が出ると、ツイッターでは様々な批判が出ます。
メディアの印象操作、指摘が不当だ、という意見から、メディアの追求が足りない、政権に対する批判・不信感等。
これらの批判を見ると、やはり気分はよくありません。
「もし間違っていたらどうしよう…」って私は考えるから、基本批判はできません。が、それでもモヤモヤは残ります。

ただ、最近はこのように考えています。
そもそも、私が何か言われたとしても言い返すことなんてできないし、言い返す必要もないのです。

相手に不快感を与えられたとしても、むしろ祈ってあげ、もっと良くしてあげる。
それが神様の方法で、最高の方法なのです。

むしろ、「もしあなたの敵が飢えるなら、彼に食わせ、かわくなら、彼に飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭に燃えさかる炭火を積むことになるのである」。-ローマ人への手紙12章20節

もちろん、誤解があるなら解いたほうが良いこともあります。でも、それは「やり返す」こととは違いますよね。

最近、私は次のようにお祈りをしています。
ただ、真実が明らかになりますように…。本当に悪なるものが取り除かれ、なくなるように。
結局、真実が明らかになれば悪は自然となくなります。

彼らが隠れて行っていることは、口にするだけでも恥ずかしい事である。しかし、光にさらされる時、すべてのものは、明らかになる。明らかにされたものは皆、光となるのである。だから、こう書いてある、

「眠っている者よ、起きなさい。
死人のなかから、立ち上がりなさい。
そうすれば、キリストがあなたを照すであろう」。-エペソ人への手紙5章12-14節

世の中には色々な噂が出てきます。その中には真実と嘘が入り乱れています。
そういう中ですから、私は続けて祈ります。真実が明らかにされるその時まで…。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

学校・学生カテゴリの最新記事