satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

動けば動くだけ力が出る。

動けば動くだけ力が出る。

こんばんは、satoです。

ようやく療養中から晴れて通常運転です。
本日はバイト行きました。…たぶん年内最高に忙しいシフトでした。
病み上がりなのにこれは…という考えもありましたが、いざやってみると思いの外元気に行うことができました。心なしか、いつもより元気だった気も…(笑)
摂理の御言葉で「行う分だけ力が来る」というものがあった気もしますが、まさにそのような感じでした。

なんとなく、汽車。

そういえば、このブログに移行してからアイキャッチ画像を設定するようになりました。
私個人としては画像を探すのが苦手なのと、こだわりすぎて見つからない決まらないのとで、「アイキャッチ画像を設定するより、文章一つに力を注ごう!」
と考えていたし、そのようなデザインを計画してました…。
が、このブログのデザインはそれと真逆。完全にアイキャッチが映えるものです。
…ある意味で、諦めて探すことにしました。ただし、力は入れずに。

いざやってみると、案外良いものが見つかりました。ピッタリとまでは言えなくても、意味は通じる感じの画像が見つかります。昨日の小説も、画像をいくつか取り揃えてみました。でも、それは…読んでいる人が少しでも楽に読めるように、という思いでやったからなのかもしれません。
単純な作業でなく、人の助けになるバイトだからこそ、人から力をもらったのかもしれません。

神様も、同じでしょうか。
神様は私より多くの仕事があって、力を使うことがあって。
私みたいに病気になりはしないけど、心が辛く動く力がないときもあるのかもしれません。
でも、そんなときでも、愛する人がいる、そのことで力を出せるのでしょうか。
人が喜び、助けを求め、共にする。そのことで力を受けるのでしょうか。

もしそうであるなら、私も神様に力を与える人になりたいです。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

学校・学生カテゴリの最新記事