「無知の知」を願い求める!


こんにちは!摂理の大学生Lackです!

摂理に来てから願い求める思いが弱くなってきているような…

原因は知りたいことは知ったと思ってしまったからなんですね。

でも、実際は知っているようでまだまだ知らないことが本当にたくさんあります。

ソクラテスも「無知の知」を説いたように、自分が何に対して無知であるのかをはっきりと明確に悟らないといけませんね。

自分自身が無知であることを

知っている人間は、

自分自身が無知であることを

知らない人間より賢い。

- ソクラテス -

そうしてこそ自分のすべきことが見えてくるのではないでしょうか。

と私は思うのです。

まずは無知であることを悟れるように願い求めてみましょうかね!

ダウンロード (1)

毎日願い求めること、絶対信仰、感謝、三位一体との対話だ。毎日「しるしの御働き」だ。

2016年8月8日明け方の箴言 鄭明析牧師

ABOUTこの記事をかいた人

マスコミ勤務のB型系SEです! 摂理に出会い、人生の本当の味を見つけました。 真理を学び続けて自分づくりに励む毎日☆彡 楽しい社会人摂理ライフを描写していきます(^^♪