正月もない受験生へ センター試験の成功法


あけましておめでとうございます。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。私は実家でのんびりしています。でも、のんびりできない方もいらっしゃいますよね。センター試験まであと2週間となりました。いとこも今年受験生なので、正月は遠出なんてできないTTと言っていました。自分も通ってきた道ですが、思い返してみるとあの頃は大変でした。生涯の中で一番勉強した時期です。あの時は正月なんて無かった><

成功と勝利をするためには、速くやることだ。直すことだ。たくさんやることだ。

鄭明析牧師による主日の御言葉より

この御言葉どおり、センター試験のコツは、

速くたくさん解く、そして見直す

だと思います。

難しいと思った問題はあまり時間をかけずに飛ばすべきです。私の体験になりますが、志望先も化学科にするほど化学が好きで得意だったのですが、センター試験でひどかったのは国語についでワースト2位が化学でした。学校でやる模試ではほぼ9割とれていた化学なのに、結果、本番は66点でした。難しい問題に時間をかけ過ぎてしまい、後半焦りながらやることになったうえ、確認がほとんど出来ませんでした。化学は得意だという過信が仇となり、試験が終わったときは真っ青。なので、問題を解きながら詰まったら先に進めたほうがいいです。安定した得点を取るには早くたくさんです。そして見直しは本当にやったほうがいいです。私の受験秘話でも書きましたが、1点が本当に重要です。

残り2週間ですが、できるだけ問題を解こうとかざっくりした勉強ではなく、おすすめなのが30分でこの問題まで解いてしまうとか、時間制限を決めながら問題を解くと集中力が変わってくると思います。もっと言えば、本番慣れしておくとずっといいです。同じタイムスケジュールで模擬試験をたくさんやってみて、試験本番と同じ感覚をつかんでおくと、本番も落ち着いてできると思います。実践あるのみです!

最後に、同じ学校の同級生は競争相手ではなく仲間だなと思います。同じ苦労を分かち合えるとそれだけで頑張れると思います。部活に勉強、学園祭や体育祭、3年間一緒にやってきた仲間たちと最後まで頑張ってください。教室で勉強している時、ふと周りを見てみると、そう思って頑張れたことを思い出します。受験生ファイト!

 

ABOUTこの記事をかいた人

福岡(大学生)→岡山(社会人) と摂理を走ってきた20代男子です! 最近はまっていることは、出来事を振り返ること。 ブログでアウトプット出来たらと思ってます(•̀ω•́ )