satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

2016年を振り返り、2017年の方針を考える。

2016年を振り返り、2017年の方針を考える。

新年明けましておめでとうございます。satoです。
昨年は私の記事を読んでいただき本当にありがとうございます。
今年は一層みんなが読んで楽しいと思える記事を作成していきますので、どうぞご愛願のほどよろしくお願いします。

さて、今日は一年の始めなので…昨年を振り返り、今年の目標を宣言したいと思います。

2016年を振り返って

2016年は「教育と次元」の年でした。
この年にふさわしく、私も多くの教育を受けました。
特に月明洞に訪問した際に信仰の感覚や価値について直接体感する教育を受けました。
その結果特に悔い改めや祈りなどの基本的な信仰の部分、根本的な天との愛の問題が少しずつ改善され、摂理での信仰観が安定してきました。
それに伴い、心の土台も安定してきた結果、以前よりキャパシティが増えてきましたねぇ。前に比べると言われたことに対して受け止められる範囲が広がってきました。

昨年は教員採用試験を受けたり、新しくバイトを始めたりと新しいことに挑戦しました。
教員採用試験は残念ながら…というよりはある程度予想通り落ちましたが。
新しいことに挑戦したことで、これまではできなかったこと、たとえば「人に指示をする」や「ルール通りにできなかった時に注意する」ことができるようになりました。今までは注意されたら傷を受けると思ってできなかったんですよね…。私自身も苦手ですし。

そして、数学研究においては「深く考える」力が大きく上がり、これまではできなかった「自分で問題を見出し解決する」ということができるようになりました。また、これまで理解できなかった数学の理論が少しずつ理解できるようになり、より深く人に教えられるようになりました。
研究に際して「人に何を言われたとしても、数学研究の道を行く」という決心ができ、それによって自分の方向性がある程度決まったことも大きかったです。

このように、昨年一年を通して、「私の心の面」においては次元が上がった年だったと感じます。

反省点

しかし、一方で「私の行動面」においてはかなり反省点が多かったです。
人とぶつかってしまったり、自分が決めたことにも関わらず最後まで行えなかったことがたくさんありました。特に研究論文の作成に苦心し、なかなか終えることができませんでした。
また、信仰面でも決心したことがうまく行えないことがたくさんあり、人に相談することが遅れて問題になったところもありました。

中でも私が一番問題だと感じたのが「自分がすると言ったことに対して責任を持てなかった」 ことでした。もともと、人になにか言われることが怖かったので「する」と宣言すること自体あまりしなかったのですが、昨年は人に言われてすると言ったけど行わなかったことがあまりに多く、そのことで信頼関係に問題が生じたことがありました。

2017年の目標

そこで、2017年は「自分が『する』と言ったことは責任を持って最後まで行う」ということを目標…というか行動方針にしていこうと思います。
このようにすることで「軽はずみな発言」を避け、しっかりと言ったとおりに行うことで信仰面、研究面両方で完成させる一年にしていきたいと思います。
今年の主題が「実践の年」、特に「神様の中で自ら実践する」ということなので、「自ら喜んで信仰生活をする」ということをしていきたいです。

実は、「自分が約束したことを守らない」ということは小学生の時からの傷…なのです。
小学校の時に「口だけ」と担任の先生に言われたことが傷に残っている、みたいです。
この傷を、今年は乗り越えていきたいと思います。

より具体的には「信仰でつまずいている面を神様に率直に告白する」ことで今まで苦手としていたことを喜んで行えるようにし、また共に走る人のことを分かって祈ってあげられるようにしていnきたいです。これが最初の実践になるでしょうか。
また、自分は「根本的な概念」により強い興味を示すので、ルーティンワークに陥らないように、聖書や御言葉を読む際に「根本」を見ようと意識してみたいと思います。つまり、霊感を受ける感じです。

以上のことを踏まえて、ブログも書いていきたいと思います。
…さっきの振り返りで言えばよかったですが、昨年からの変化の一つが「ブログの移行」でした。これまでは個人でブログを書いていましたが、色々あってこちらのブログに書かせていただいています。
今までと違う環境で、より次元を上げられるようにできるのが感謝なことです。

というわけで、2017年もよろしくお願いします(^o^)

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

学校・学生カテゴリの最新記事