satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

一週間で感じた「好きで自ら」の力

一週間で感じた「好きで自ら」の力

おはようございます、satoです。

ここ最近、「自分が好きで信仰生活をしている」ということを心掛けながら生活をしています。
先週の御言葉が「主の中で自ら実践しなさい」というもので、特に「自分がしたくて主の仕事をしているから負担に思わないでほしい」という精神を読んでとても感動して、自分もそれを実践したいと思ったことがきっかけでした。
このことを心掛けるようになってから色々感じたことがあるのですが、今日は「一週間で変化したこと」をまとめたいと思います。

祈りや御言葉が楽しくなった?

まず、以前より御言葉や祈りをするのが楽しくなった感じがします。
というのも、私が「具体的な話よりコンセプトやイメージに強く興味を示す」ということを知ってからこのことを意識して御言葉を聞くようにしてきたのです。
御言葉は神様の心情が核心なので、具体的な話以上に「神様が今一番願われているのは何か?神様が考えているのは何なのか?」を理解することが大事なので、ちょうどマッチングしていました。
また、時たま数学の理論、特に「どのようにしてその理論が形成されていったのか?」を読んだり、自分で考えたりして、好きな感覚を維持できたことも大きいです。
祈りや賛美も「自分が好きでしている」という認識でしたら前より深くできるようになってきました。
前には「明け方に祈るべきか…こんなときには祈らなくてもいいかな」という考えも浮かんでいたのですが、最近では「自分が好きなことなのにそんなこと考えるのはおかしいよな」という感じでスパッと祈れるようになりました。

雑念が少なくなった…?

このことに関連して、雑念が以前より出にくくなったという大きな変化が見られてきました。
たとえば、以前ならみんなで祈るときに聞いている間はずっと色々なことが頭に浮かんで集中できない、という悔い改め要件がありましたし、教会以外で祈る時は集中することができなくてなかなか祈りに没頭できませんでした。

こんな感じで…

生活においても雑念にとらわれあんまり集中できず一日を過ごすことが多かったのです。

しかし、ここ最近は御言葉を「好きで」読み、祈りを「好きで」するので集中できるようになってきました。
そして、その感覚が生活でも持続できるようになってきました。それが「雑念の減少」でした。
たとえば、本日ある人に言われたのが「satoさん、人の顔を見て話せるようになったんですね」ということ。
実を言うと、私は人の顔を見ると色々な(視覚からの情報過多+脳内にある情報が引き出されることによる)雑念が浮かんで心が安定しなくなるので人の顔を見ることができなかったのですが…。
また、スポーツにおいてもレシーブやアタックをするときに「目の前のボール」や「打つ瞬間」に集中できるようになりました。これは私の「視る」感覚をさらに研ぎ澄ませられるようになったからなのですが、これによっていつも以上に力を発揮することができました。
そして、そんな中でも「神様に対する感謝と喜び」が消えませんでした。以前ならうまくいったことにフォーカスが置かれて恵みが奪われてしまうのですが、それよりも「自分が好きでしている」という感覚のほうが出てくるので揺れることがなくなりました。

この「自分が好きでしている」という考えがとてもよくて、「人に見られたい」という考えが治められるんですよ!
自分が好きでしていることなので、相手にどう評価されても気にならない。むしろすぐに神様に移行できる。
今までは喜んでいたら「人のことを気にしてしまう」のが、「神様に喜びを伝えられる」ように変化して、とても安定しているのを感じます。

今後の課題

こういうわけで、新年からとても良い感覚を掴めてきたのですが、いくつか気を付けないといけないな、と感じたことも付記しておきます。
まず、「自分が好きでしている」ということをどんなものに対しても適応していいわけでない、ということ。
神様が願われてないことはしないのを「好きで」すべきなのですが、そのあたりの対応を間違えると「自分が好きでこのことをしている」って肯定してしまって、神様から離れてしまうことになりかねません…。
また、疲れているときにはもっとうまく休むことも考えなければならないと感じました。
何より、行動するスピードが遅く…特に「一度やろうと思ってできなかった」ことはなかなか行えませんでした…。
そう考えると、いかに早く行うかがポイントですね。

とはいえ、今週は昨年できなかったことを少しずつ消化でき、ようやくひと段落しました。本当に「自ら好きで行う」ということの価値と喜びを感じた一週間でした。
もっと好きで行えるように今年一年頑張ります!

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

学校・学生カテゴリの最新記事