satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

仕事探しに効く言葉「ほかのところにもっとよい御心がある」

仕事探しに効く言葉「ほかのところにもっとよい御心がある」

おはようございます、satoです。

本日は主日礼拝です。
主日礼拝の御言葉は「ほかのところにもっとよい御心がある。神様の前に進み出る時は感謝と愛で進み出なさい。 」でした。
この御言葉を聞いた時、私は色々衝撃を受けました。というのも、現在私の状況ととても合致しているからです。

実は先週末、ずっと続けていた仕事探しに大きな転機が訪れました。
あるルート経由で「私が願っていた仕事」の話が舞い込んできたのです!
…最も、私が考えていたより次元の高そうなところなのですが。

3月末に私がその仕事の求人を幾つか応募していました。しかし、どこからも反応がありませんでした。
それで、他のバイトを色々探していました。ところが、これまで面接までは行くけど上手く行きませんでした。
これは一体どうして…と考えながら、お金の方も気になるのでとても切実になりました。その矢先、唐突に話が来たのです。
実は、そこにはいくつか経緯があるのですが、自分の中では色々な面で大変なところだと考えていたのでした。

ところで、いつもなら主日礼拝後は教会のスポーツに行っていたのですが、今日はそこの応募書類を仕上げていました。
その中で、自分がどうしてそこに行きたいのかを考えていました。初めは「話が来たから…」という感じであまり書けなかったのですが、「どうしてこの職種にしようとしたのかの経緯」を書く感動が来たので、一つ一つ振り返りながら書くうちに神様が導かれているということをひしひしと感じられました!
ずっと私が考えていた「数学を教えること」、それを通して成したいこと。そこに今回話が来たところとのつながりが見えたのです。

私の中では「スポーツに行くこと」がしたかったのですが、今回行かなかったことを通して、今回のぷち就活、そして「私が摂理でしたかったこと」を改めて思い出しました。
そして、今回のところはおそらく「自分がしたかったこと」を成すのに相応しいところでもあります。
また、私がこの仕事探しに関して祈っていたことの中に「自分の才能と個性を生かせる場所」というものがありましたが、今回の場所は確かに「自分の才能と個性が生かされる」可能性がとても高いです。
私の中では「データ入力」や「軽作業」が出来れば、と思っていましたが、天はもっと次元の高い考えで私を導いていたのでした。
まさに、「違うところに御心がある」ということです。

果たして今回のところの就活はどうなるのか…今週が山場です(´・ω:;.:…
しかし、不安に思わず心配しすぎず、「感謝と愛」で神様の前に進み、自分の責任分担を果たして頑張りたいと思います!

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

社会人生活カテゴリの最新記事