酒を飲むという文化


会社に勤めていると必ずついてくるのが

飲み会。

お酒を飲まない摂理の社会人たちはどうやってくぐり抜けるのか模索している人もおおいのではないでしょうか。

私も飲み会をどのように切り抜けるのか、飲み会の度に考えを巡らせます。

 

一応、会社の人たちには、

「飲んだら死んじゃう」

と言って、アルコールは断っています。

 

それでも宴会の席でアルコールを一切飲んでいないのによく言われるのが

「あれ?Lack君、酔っぱらってる?」

とか

「飲んでるでしょ?」

とか言われます。

 

いやいやいや、飲んでないですよ!

皆と仲良くやりたいから、テンションが上がるのです。

その姿を見て酔っぱらってると思われるみたい。

話し出すまではエネルギーを使うと思いますが、話し始めたらあとは楽です。

 

飲んでる人も気分を高めて楽しく話したいというのが潜在的に思っていることでしょう。

気分を高めるツールはお酒以外でもあるので、社内の人にはお酒なしで盛り上がりたいところなのですが。

酒は理性をなくし、健康も害しますから、仲良くしたい相手に飲ませたくありませんよね。

健康であってほしいから。

 

アルコールがなくても話せるようになったのは摂理の兄弟たちと宴会をする場面が多かったからだと思います。

宴会といっても酒は一切なしの。

何かハレルヤなこと(神様から見て喜ばしいこと)があれば、宴会をしてきました。

社会はお酒が付き物というステレオタイプな考えがどこかで壊れないか

切に願っています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

マスコミの会社に勤めているSEです! ニュースと御言葉を絡めて記事を書くことに挑戦中。 健康管理頑張ります。