ここまで感謝できるとは…<私の変化>


おはようございます、satoです。

最近、数学を勉強しながら、仕事もしながら、色々大変に見える日々が続いています。
しかしながら、今週はとても感謝な日々を過ごしていました。
働けることが感謝、大変な状況、自分の足りなさにぶつかることが感謝、些細な働きに感謝、というように…。

たとえば、今日は午前中の仕事から午後の別の仕事に移動するときちょうどいいバスがありませんでした。
それでギリギリに到着するのは嫌だな、と思って…思い切って2つ前のバス停から歩くことにしました。
ここ最近北海道にしては珍しく30度超えが続き、今日も普通に歩いていたら汗が止まりませんでした。
それでも、私は喜んでいました。万が一遅れるよりは良いから。
そして、最近の運動不足も解消されるし、周りの美しい自然を見られるから。
そんな風に過ごしている間、風がずっと吹いていました。私が熱射病にならないように暑さを和らげてくださった神様の働きを感じて「本当に私は神様に愛されている!」って告白しながら感謝して歩いていました。

この際はっきり言いますと…私はこれまで「感謝、喜び」とは無縁の生を生きていました(´・ω・`)
何か失敗があるごとに自分を責め、人と話していると苦痛を感じ、責められると思ってぶつくさ不平不満を話す…そんな私でした。
だから、今週のように「うまくいかないこと」があっても感謝する、という自分はなんといいますか…(笑)
でも、それが自然なんです。

経済的に困っている時に助けてくださったこと。

自分の根本的な心の寂しさを解いてくださったこと。

自分が前とは比べ物にならないくらい変化していること。

永遠な命を救ってくださったこと。

神様を知って生きられること。

あと、中高の数学と現代数学の結びつきを知ることができること。

こういうことが続いているから、何より、私が変わったから。
だから、感謝するのが自然な流れになっています。

特に、根底的な問題が解かれたことが大きいですね。だから、ちょっとした状況の変化にも耐えられるようになりました。

摂理に来ると良く「神様を感謝して、愛して生きるのが良い!」と話していたり「摂理に来て、感謝できるようになった!」と話している人が多いのですが、私はどちらかと言えば「今現在そうなりつつある」人です。過去のブログを読むと私のもがきの言葉が聞こえることでしょう(笑)
前までは「自分はそういう人でない…」という考えがとても強かったのですが、今現在相変化しているので、やはり「摂理に来て感謝できるようになった!」と言わざるを得ません(笑)

続けて色々イベントもありますが、頑張ります( ゚∀゚)o彡°

ABOUTこの記事をかいた人

霊肉ともに生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す大学院生です(・∀・)もう30代間近…。 軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向。普段見える世界から色々なことを深く考え、悟りを得ることが一番の楽しみ。祈りと賛美大好き(*´∀`*)グルメ巡りと御言葉を基にした小説作品を作ることは私の密かな夢。