satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

ちょっとの意識の変化で心が軽くなる

ちょっとの意識の変化で心が軽くなる

おはようございます、satoです。
今日も1日お疲れ様です。ひとまずアイキャッチみたいにお茶を一服。こちらは山形の蕎麦屋でのお茶です。そば茶なのかは分かりません^^;

私は仕事を幾つか掛け持ちしています。
塾のバイトと2つの場所で数学を教える、という教育系の仕事ばかりです。
これはこれでとても楽しいところもありますが、大変なところもあります。
その中の一つが「時間帯」です。特に塾のバイトは夜にすることもあり、帰るのが夜遅くになってしまいます。

普通なら昼まで寝ればいい、あるいは6時間寝れば十分、という考えになりますが、私の場合は明け方という大事な時間があるので、それを守るために睡眠時間が否応なく減ってしまいます。
それが続くとかなーり体力がキツくなり、山形旅行に行く前までは極的な困難もあって肉体的にも精神的にも疲労が溜まっていました。
現在は教えるクラスが変わる関係で少しコマが減って負担は軽くなっていますが、それでも塾のバイトで夜遅く帰るのは相変わらずです。

どうしても、一つ一つをしっかりやろうとすると時間が掛かってしまいます。
しっかり真面目に書こうとして、あれやこれや考えていると効率的にできず、結果夜遅くなってしまいます。
しかし、その一方で早く帰ろうとして少し効率的にやろうとしたら、必ず何かしらのミスをしてしまいます。
それで、ずっと「もっと早く帰るにはどうしたら良いだろうか…」と考えていました。
そうしたら、結構心が辛くなっていました。

ところで、前に青年部の宴会で「自分のビジョン」について話した、と書きました。
私もビジョンを語ったのですが、その一つが自分を見て摂理がちゃんとしている、安心できる、面白いところだと思えるようにすることです。
自分は正直足りないし、傍から見たらズレている人(笑)なのですが、これまで社会で生活する中で私を見て信頼してくれる人がとても多かったです。
それは正直相手の方の人格がとても良いからだ、というのが大きいですが…。
それでも、私が素直に、真面目に、そして面白く、深く考える、そういう生き方…それは鄭明析先生が見せてくださった生き方でもあります…を見て、少しでも「私がいるなら、摂理が変なところではない」と考えてくれる人が増えたら、とても嬉しいな、と思ったのです。

私は正直話すのが得意ではありません。特に紹介することがとても苦手です。
だけど、私の生き方を見て、私がいる摂理というところが安心できる場所、面白い場所だと思えるなら、それが最高の神様への恩返しになる、と思ったのです。

この考えを受けて「多少遅くなることがあっても、しっかりと仕事をしよう」と強く思うようになりました。
そうしたら、夜遅くなることに対して負担感がなくなりました。むしろ、もっと良くしようという考えが強くなりました。

考え次第で 運命が変わる
決心次第で 人生が決まる-摂理の賛美「考えで生きる」より

この賛美の通り、考えによって大変な状況がむしろ天国のように感じることができました。
やはり、御言葉は違うと思います。本当に感謝です。

…とはいえ、体が持たなければやはりまずいので^^;
しっかりとしつつ仕事も早く出来るように工夫して、自分にも、周りにも良い生活をしていきたいです。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

社会人生活カテゴリの最新記事