引っ越しに必要な手続きをまとめました。


どーも、Luckです!

最近、教会を移籍したということもあり、引っ越しもしました。

引っ越しってものを運ぶだけじゃなくて、いろんな手続きがあるから面倒なことって多いですよね。

私も引っ越しをするたびに必要な手続きをまとめようといつも思っていたのですが、思っているだけで何も整理していませんでした。

今回の引っ越しを機に備忘録的に引っ越しに必要な手続きをまとめてみました。

ここで書いているのは賃貸から賃貸への引っ越しです。

 

転居元での手続き

不動産との立ち合い

賃貸だと不動産を介して家主との契約があります。

解約の手続きをしなければなりません。

引っ越しを遂行すると決まったら一番先に不動産へ連絡を。

 

 

住民票の発行

住民票を移動するために現住所の住民票を用意しておく必要があります。

いろんなものに住所変更の手続きがあるので、5枚くらい住民票を発行しておくと安心です。

 

 

転出届の提出

住民票を移動するのに必要な手続きです。

転出届を提出したら、次は引っ越し先へ転入届へ。

 

電気・ガス・水道を止める

これを止めないと住んでいないのにお金を支払い続けることになります。

無駄な光熱費を払わないためにも、解約の漏れがないようにきをつけましょう。

 

 

インターネットサービスを止める

アパートによっては必ずインターネットサービスを受けないといけないところもあります。

無料のところもありますよね。

無料だとしても家主や関係者に迷惑をかけないように、しっかりと解約の手続きをしておきましょう。

 

 

転居先での手続き

転入届の提出

もともと住んでいたところの役所で転出届を提出してからの作業になります。

順序をお間違いなく(^^♪

 

インターネットサービスの契約

家でインターネットが使えないとちょっと厳しいものがあります。

今ではポケットWi-Fiを使っている人も多いから、不要な方も多いかもしれません。

個人的には家には、常にネットをつなげる環境を用意しておきたいので契約したい派です。

 

電気・ガス・水道の立ち合い

生活するのに必須な資源です。

引っ越しが完了する前に電気とガスと水道は使えるようにしておかないと悲惨なことになります。

家はあるけれども、人間的な生活ができないとね。。。

 

マイナンバーカードの変更

ここ数年で義務となったマイナンバーカードの所持。

個人情報がたくさん詰まっているので、紛失しないように気を付けてください。

マイナンバーカードには住所もあるので変更手続きもお忘れなく。

 

 

各種住所変更手続き

転送届

郵便局のサイトに転送届があります。

いろんな場面で住所を書くこのご時世。

すべての登録したところへ住所変更するのは大変です。

というか覚えていません。

ですので、あとから住所変更の手続きができるように、必ず転送届を出しておきましょう。

今ではインターネットからもできるので便利ですね。

 

 

でも、転送届を出してすぐには反映されないので1週間前ぐらいには転送届を出しておいたほうが無難です。

 

 

クレジットカードの住所変更

クレジットカードを何枚か持っている人は大変かもしれませんが、使用するためには住所変更は必須です。

10枚くらい持っている人は頑張ってください!( *´艸`)

 

奨学金返済の住所変更

学生の時、奨学金をもらっていなかった人には無縁のことかもしれませんが、返済の義務があるので何かあった時、郵送でお知らせが届きます。

返済が完了するまで責任をもつようにしましょう。

 

運転免許の住所変更

身分証明書の提示をするとき、免許証はとても便利です。

しかし、現在住んでいる住所と異なっていたりすると、無能になってしまいます。

お近くの警察署で住所変更の手続きを済ませておきましょう。

 

 

会社へ報告

 

会社へ報告しておかないと、何かあった時に大事な連絡や不正が発生したりするので必ず引っ越しするときは報告しておきましょう。

社会人として、会社に迷惑をかけないように。

 

 

今日のひとこと

引っ越しの時、段ボールを少なくしたいからといって大きい段ボールに詰め込むと後悔するよ。。。。(; ・`д・´)

ABOUTこの記事をかいた人

マスコミ勤務のB型系SEです!
摂理に出会い、人生の本当の味を見つけました。
真理を学び続けて自分づくりに励む毎日☆彡
楽しい社会人摂理ライフを描写していきます(^^♪