BLOG

友人の結婚式 ご祝儀の準備で戸惑う

どーも、Luckです!

高校時代、野球部だった友人の結婚式へ参加してきました。

数々の友人が結婚していきましたが、結婚式に呼ばれなかったり、そもそも式を挙げたくないという人が多かったりと、今まで親族以外の結婚式に行ったことがありませんでした。

だから、友人の結婚式に参加するのは初めてです。

 

 

今回、初めて招待されて、結婚式に参加するにも準備すること多いということが分かりました。

ふさわしいスーツや、あいさつの仕方、荷物はどれくらいまでもっていっていいのかなど、意外と備えておくべきものって多かったです。

お祝い事だから、びしっと決めたかったので、妥協せずに調べ尽くしましたよ(^_-)-☆

準備する中でも一番悩んだのが、「ご祝儀」

 

 

お金が絡むところだから、神経質になりました。

少しでも間違うと、マナー違反になって関係性が悪化しないかといろいろ考えて慎重に細かく気を使いました。

友人には気持ちよく式を挙げてもらいたいですもんね。

入れる金額は調べたらすぐに見つけられたので迷うことはありませんでした。

友人からのお祝儀は3万円が妥当らしいので、ここは素直に3万円を入れました。

 

 

迷ったのがここ

「壽」という字の下に名前を書くのですが、誰の名前を書けばいいのか完全に混乱してしまいました。

いろんなサイトを見ても、分かっている前提で説明されているので、常識知らずな私にとっては非常に困る事態に。

読者の皆さんは常識人ばかりだと思いますので迷わないとは思いますが、私は最初、ここの欄に新郎新婦の名前を書こうとしていました。

お恥ずかしい(*ノωノ)

 

 

この部分は「自分の名前」を書くんですよーーーー!

お間違いなくーーーーー!

 

 

一緒に住んでいる教会メンバーの人に教えてもらい、間一髪のところで正しく記入することができました。

人は学ばないと何も分からないですな。

 

 

今日のひとこと

ピン札新札の違いもここで初めて知りました。

この記事を書いたブロガー

Luck
マスコミ勤務のB型系SEです!
摂理に出会い、人生の本当の味を見つけました。
真理を学び続けて自分づくりに励む毎日☆彡
楽しい社会人摂理ライフを描写していきます(^^♪

関連記事一覧