satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

自分の会社が東証に上場してわかったこと

自分の会社が東証に上場してわかったこと

こんばんわ!Seiyaです(`・ω・´)

今年、ついに、ついについに、僕の会社が東証に上場することが決定しました!!!

え〜偉そうに言ってすいません。入社6ヶ月ですwww

会社名がバレそうなので、いつとはいいませんが、6ヶ月の間に上場しました。

 

上場ってなんだか凄そうですよね?

あの日経新聞に載ったり、毎日株価が出るわけですから。
世間からの注目が高まるんですよね。

実際、自社の総務の方は、電話対応に追われたみたいです。
中には1時間話したこともあったそうです。。。

本社では、上場前後、てんやわんやしていたようですが、
さて、平社員の僕には何か変化はあったのでしょうか…?

答えは、あります!
ただし、少しです。

 

それは、上場の祝金を頂いたことです☆

額は韓国に1回旅行に行けるくらいです笑

 

でも、少しと言ったように変わったことはこれくらいです。

 

えっ?給料は、ボーナスは増えるんじゃないかって?

そんなことありません。

今日先輩社員の話を聞いていましたが、ボーナスは下がったようです…

 

なので、上場したからと言って社員にはほとんど影響がないということです。

 

「上場」はある意味「資格」のようなものだと思います。
資格を持っていれば、凄い!と思われるかもしれませんが、資格がなくても持っている人よりすごい人もいるわけです。
資格だけで判断できないように、上場だけでは優良企業かは判断できません。
1つの判断材料に思って頂ければいいかなと思います。

といっても、長い目で見れば、
会社の成長スピードが上がったり、
顧客が変わったり、
株価が上がったり、
何か支給されたり…
いいことはあるはずです(・∀・)

そう考えながら、希望を持って今年も残り数日頑張ろう(^o^)

この記事を書いたブロガー

Seiya
Seiya
岩手→東京(大学→社会人)
興味は広く浅く。摂理の社会人の日常をありのまま書いていきます。
東京に来て7年が経ちましたが、岩手も大好き、海山温泉大好きです。
最近は、映像にハマりだしてます(^o^)

社会人生活カテゴリの最新記事