satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

施設の所長になりました

施設の所長になりました

一般の介護職を5年勤め、介護リーダーになりました。

リーダーしながら次のステップの所長業務を学んで、1年後か2年後に所長をやれるように準備したらいいと言われ異動しました。

 

それが経った5ヶ月で所長になることになりました(°▽°)

 

会社の運営状況の変化もあるので、正直、実力でというわけではないです。

それでも部長にやってくれないかと打診された時は嬉しかったです。

 

 

やってみないとわかりませんが、現場から管理職の仕事に変わるので、

それは職場が変わるよりも大きな変化だなと感じます。

 

 

最近はプライベートでも、すごく『転換期』を迎えている感覚があり、この話もその一つでした。

 

 

これで介護の仕事に対する見え方も変わってくると思います。

責任が大きくなる分、自分であれこれ決めれるようになるので、緊張する気持ちとワクワクする気持ちと半々です。

 

 

以前は介護の仕事の今後のビジョンがありませんでしたが、

介護リーダーで職員のケアもするようになったり、担当者会議や新規の方の対応をしたり、他の事業所やケアマネージャーと話す機会が増えたことで最近は仕事への視野が広がりました。

自分がケアマネージャーだったらこうしたいなとか、

自分が管理職の立場ならこのような施設に作っていきたいなとか考え出すようになりました。

 

その変化もあったので、やってみようと引き受けたのだと思います。

 

 

自分の成長を久しぶりに感じ、引き続きこの業界で頑張ってみようと思っています(*^ω^*)

やってみないと、その位置にいかないとわからないことが多いなって感じられた機会にもなりました!

来月から新たな気持ちで頑張ります!

社会人生活カテゴリの最新記事