賛美をしたくなった日


 

御言葉を聞き始めたころ、

歌詞とかあまり気にせず何となく好きで賛美を歌っていました。

ところがある出来事をきっかけに

本当に賛美がしたいと思うようになりました。

 

ある日バスに乗っていたところ、

後ろの席の男性がおもむろに「まじうぜぇ」と独り言を言いだしました。

何に対してかは分かりませんが、ブツブツと。

自分のことでは無いにしろ、それを聞いていると

すごく気分が悪くなりました。

こういうことは聞くものじゃないなぁと考えたとき、ふと思いました。

「神様は聞きたくない言葉をずっと聞いているかもしれない。

だからせめて自分は神様の心が晴れる言葉を言いたい。そうだ賛美しよう!」

バスで声に出すわけにもいかないので、心の中でおもいっきり歌いました。

 

初めて真実に賛美がしたいと思った日でした。

自分が好きで楽しむためではなく、ただ神様のために。

心がすっきりしました。

 

祈りも、讃美も、御言葉も

「肉」をもって「口」でだけするからといって感動が来るのか。

「心と考え」が一緒について行ってこそ、

感動が来るし、感じが伝わって来るし、悟るようになる。

鄭明析牧師の明け方の御言葉より

ABOUTこの記事をかいた人

福岡(大学生)→岡山(社会人) と摂理を走ってきた20代男子です! 最近はまっていることは、出来事を振り返ること。 ブログでアウトプット出来たらと思ってます(•̀ω•́ )