とある日の対話。


おはようございます、satoです。

ここ最近リズムが上手く取れていなかったのですが、かなり不調だった昨日の夜に聖書を読みながら、自分の本心に立ち返って調子を取り戻しました。

いつもよりお祈りも素直に、賛美も心から、御言葉も深く聞けました。
そうしたら、不思議と色々なところから構想を貰えるようになりました。
そんな中、あることでずっと心がモヤモヤしていました。疲れもあって一旦休んで…起きたらお昼のお祈りの時間でした。

「まずい、祈らないと!」

と思いながらお祈りをしましたが、しばらく祈ろうとしても祈れない状態が続いていました。
しばらくモヤモヤしていて、ふと見ると「燃えるゴミ」の袋が。…今日は燃えるゴミの日だったのに、出そうとしていて休んでいるうちに残っていました(ノД`)

あぁ、まずいな…と思っていたのですが、ふと「このままゴミを捨てに外に出て、歩きながら話しましょう!」と感動が来てそのように神様に話しました。

ゴミステーションを探しながら、神様に先程のモヤモヤを話していました。
自分としては書きたいし、神様からの感動もある…のだけどどうしても気になる。
そのことを率直に話しながら、一つの解決法が思い浮かびました!
そして、同時にまだ回収されていないゴミステーションも見つかりました!( ´∀`)

「神様感謝します!」

手にあるゴミも捨てられ、心の中のモヤモヤもなくなり、霊肉ともにスッキリしました( ´∀`)
そして、神様から受けた解決策を実際に行ったところとてもうまく進めることができました( ´∀`)

今日は塾のコマ数が多くとても大変でした。失敗も多くあり、思うように教えられず結構落胆してました…。
しかし、最後まで諦めずに続けてみたら、最後にはすっきりと教えることができました( ´∀`)
それも、今までよりすっきりと終えられたし、その後の報告もスムーズにできました。もっとも、量が多かったので時間は掛かりましたが…(ノД`)

一つ一つの出来事に共にされる神様。
日々の生活の中に共にされる神様。いつも対話した時にもっと共にされ、もっと理想的に願うことが成されます。

明日も生活の中で話される神様の言葉に耳を傾けたいです。

ABOUTこの記事をかいた人

霊肉ともに生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す大学院生です(・∀・)もう30代間近…。 軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向。普段見える世界から色々なことを深く考え、悟りを得ることが一番の楽しみ。祈りと賛美大好き(*´∀`*)グルメ巡りと御言葉を基にした小説作品を作ることは私の密かな夢。