satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

「私の見つけた形象石」その2:御子岩…?

「私の見つけた形象石」その2:御子岩…?

おはようございます、satoです。

この前に引き続き、私が見つけた形象石の紹介をします。
今回は、以前教会で道東に行ったときに道中で見つけたものです。それがこちら。


…どこかで見たことがありませんか?

ほら、左側のが「長髪」で。右側の出っ張りが鼻で…
摂理の人だったらなんとなく感じる…

//www.youtube.com/embed/2E2OIOkl7qw

摂理の自然聖殿~月明洞ガイド~より

そう、あの御子岩に似ているのです!なんとなく!
というわけで、私の中では「デフォルメ御子岩」と呼んでいます。

…残念ながら他の角度から見たら何も形象がないのですが(´;ω;`)
そう考えると、改めて本家御子岩の凄さを感じます。だって、一つの形象を持つだけでも相当すごいのに、7つの形象を同時に持っているのですから。
それぞれの角度から見ると、神様、聖霊様、御子、メシアを象徴する人間鷲、チーター、足の裏、戦闘機のファントムって…(´・ω・`)
しかも、それぞれがはっきりとした形象を持っています。それがすごい。私の発見した形象石はちょっとぼんやりしてます…(´・ω・`)

しかし、これにはこれで意味があるのだと思います。
なぜなら、この岩を見るたびに御子岩を、そして月明洞を思い出すからです。
確かにデフォルメではっきりとはしてませんが、ちゃんと形象は持っています。それを通して本体である御子岩、そして御子を思い出せるからとても大切なのです。
いちばん大切なのは、形象を持った岩でなく、それを与えた本体なのですから。

<象徴>に縛られずに<主人>を考えなさい-illustlated by MiK

まさに御子岩をモチーフにしたイラストがありました(`・ω・´)

そういうことで、御子が私にこの石を与えたのも、「これを見て月明洞を思い出しなさい」という経緯のためのものなのだと思います!
というわけで、いつも見ながら月明洞のことを考えて、月明洞にいるように祈ったり賛美したりします!

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事