遅れてでも行う精神


摂理に来て、養われた精神があります

遅れてでもやる精神です。

何かがあって約束の時間に間に合わなかったとしても、目的の場所に行く意識は強くなりました。

もちろん、時間通りに行くことがベストです。

それでも、生きていれば失敗することもあります。

失敗した時、どのようにするのかが大切ですよね。

今日、私はやらかしてしまいました。

教会の行事で久しぶりに徹夜お祈りのイベントが予定されていました。

夜を明けるほどに切実に深く祈るためにも、私は夕方に少し睡眠をとって備えようとしました。

しかし、寝すぎてしまったのです。

目覚めた時にはもう間に合わない。

行くにも気まずい(笑)

ここで行かなかったら、受ける恵みもゼロになってしまう。

よし、いこう。

と思い、シャワーを浴びてチーターの如く準備して教会へGO!

金曜プログラムは19:40から賛美開始でしたが、20:00に到着。

もう、すでに金曜プログラムで始まっており、男性ではミーティングの輪ができていました。

遅れて行くと最初は気まずいですが!さすがは摂理と思ったのは、だれも問いただしません。

愛の溢れる摂理を実感。

遅れましたが、足を運んだ分だけ恵みも受けれましたし、

兄弟と共にする時間はやっぱり楽しいです。

遅れてでも行う精神。

遅れないのが一番良いけれども、

少しでも恵みを分かち合いたいという先生の願いが込められた愛のある教育だと感じました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

マスコミ勤務のB型系SEです! 摂理に出会い、人生の本当の味を見つけました。 真理を学び続けて自分づくりに励む毎日☆彡 楽しい社会人摂理ライフを描写していきます(^^♪