satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

春の月明洞滞在3日目〜岩の作業〜

春の月明洞滞在3日目〜岩の作業〜

3日目(5/18)

今日は、宴会場と呼ばれる岩の造形の作業でした。

岩を積む作業はほぼ終わったため、岩と岩の隙間に木を植えるための土を入れる作業をしました。

土を入れるには、まず砂利より少し大きめの石を取り除かなければいけません。
この石をどじょうすくいで使われる”てみ”と同じような形のものを使ってバケツリレーのように運びます。

これがまた大変です。岩の造形はキレイに均一に置かれているわけではないので、人と人との幅が広かったり、段差が急だったりするとうりゃぁ!と気合が入ります。

韓国や海外メンバーは力があるので、ワリと軽々やっているのですが、僕は一苦労です(笑)

そうして、石を取り除いたあとは、土を今度は逆に上に上げていく作業です。

土は石より軽いですが、それでも上げる作業なので大変です…

今日は、肉体的に疲れる作業でした。

 

でも、一つ一つを丁寧にやると簡単に運ぶことができました。

段々と慣れてきて、更に疲れが出てくると、妥協してしまう事がありました。

こういう時に、適当にやってしまうので怪我や事故の元になります。

幸い、何事もありませんでしたが、適当にやると、無理矢理になるので身体にも負荷がかかり、かつ持てません…

何事も基本が大事ですね!

このバケツリレーはサッカーのパスに似ていて、思いやりを持って渡してあげないといけないと思いました。

僕の場合は、思いやりを持っても疲れ果てて、相手に支えてもらうことも多々ありました。

そうしながら助け合ってやるのもいいですね。自分はもっと力をつけないとですが…

 

他の国のメンバーと一緒にこんなことが出来るのも摂理だけだなと感じます。

神様を通して出会えたことに感謝します!

この記事を書いたブロガー

Seiya
Seiya
岩手→東京(大学→社会人)
興味は広く浅く。摂理の社会人の日常をありのまま書いていきます。
東京に来て7年が経ちましたが、岩手も大好き、海山温泉大好きです。
最近は、映像にハマりだしてます(^o^)

日常生活カテゴリの最新記事