satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人の優しさ

摂理人の優しさ

こんばんわ!Seiyaです゚(`・ω・´)

今日は大失態を犯しました(ToT)

サッカー大会が行なわれるということで、各地の教会から代表が集まり、MTGをすることになりました。

でも、もちろん全員が参加できるわけではないので、その人達のために、Skypeのように繋げるか、録画して後で聞けるようにしてほしいと頼まれました。

摂理ではよくあることです。

ただ、いつもの礼拝などで使っているところとは別の場所だったため、もちろん機材も異なりました。

それで、少し不安がありました。

その不安は本物となりました…

まず、現地に来れない人に繋ごうとしたURLが何故かつながりませんでした…

これは原因が全く分からず…

そして次に、録画したものをあとで聞く人のために送ろうとしていたのですが、音が入ってないことがわかりました(ToT)

後で、知っている人に聞いたのですが、僕ともう一人担当の人がいて、その人に教えたということでした。

でも、開始直後でバタバタしていたこともあり、それが教えられたことができずに、僕も知らなかったので上手くいかなかった、ということでした(ToT)

 

機械は長らく触らせてもらっていることもあり、自信はあったので、落ち込みました。

折角話してくださった方がそれをもう一回話さないといけないのか…とか
遠くの人はどうしたらいいんだろう…とか
自分が責任を果たせなくて申し訳ない…とか
いろいろ考えました。

 

そんな中でも、誰一人として、攻める人はいませんでした。

寧ろ、ありがとうと言ってくれました。

僕は正直に、「いや、何もできていないです…」と言いました。

そうすると、「居てもらえただけで感謝だよ」そう返してくれました。

摂理の人たちは、本当にいい人たちですが、失敗しても、間違っても、怒ることはめったにありません。

もし会社だったら、激怒されていたこと間違いなしです。

 

摂理人の愛に感謝しました。

そして、これが鄭明析牧師が教えてくださった、神様の愛だと感じるしかありませんでした。

 

 

今回の失敗で学んだことも多々あります。

重要なMTG出なかったことが幸いでした。

次はこんなことがないように、気を引き締めていきます。

 

この記事を書いたブロガー

Seiya
Seiya
岩手→東京(大学→社会人)
興味は広く浅く。摂理の社会人の日常をありのまま書いていきます。
東京に来て7年が経ちましたが、岩手も大好き、海山温泉大好きです。
最近は、映像にハマりだしてます(^o^)

日常生活カテゴリの最新記事