satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

位置から外れると狂うほど苦しい

位置から外れると狂うほど苦しい

おはようございます、satoです。

今日は私の位置についてはっきりと思い出した出来事がありました。
それは私が仕事をしていたときのことです。

今週から新しいところで教えたり、色々仕事がある関係で結構忙しかった私。しかも、来週色々なことが重なって短い時間で大事な仕事をしなければならなくなりました。

授業はないけど、もう一回行けば確実に間に合わせられる…と思って、そうしようとしたときに相談していた人がこんな一言を話しました。

「いや、大丈夫ですよ。こっちに忙しくされて研究の方が…」

…そうでした。

私は色々仕事してますが、一番肝心なのが「研究」なのでした。

私の中でも重要な位置が「数学の研究者」なのだと、改めて思い出しました。

もちろん一つ一つの仕事はしっかりしなければなりませんが、そればかりに投資していて肝心の研究がおろそかになっては本末転倒です(((^^;)

もちろん、ちょこちょこ研究もしてます。最近新たに自分の考えている問題の答えとなるかもしれない論文を寝る前に読んでいますし、具体的な計算もしてます。
なのですが、このままだと仕事やバイトの方がメインになっている感じなので…ちょっと調節しないといけませんね(´・ω:;.:…
仕事の位置が変わったのもおそらくこのためだと思われます。

話は変わりますが、つい最近

服は趣味程度に好きなぐらいですが、
お気に入りの服や着てみたい服など、
ブログでも載せていけたらいいな〜とずっと思っていて、
鏡に映った自分を載せることも考えたのですが、
地獄に行きそうだったので、それは断念。

イラストがあるではないか!と、今更ながら思い立ち描いてみようと思いました。
これならドヤ顔も、決めポーズもオッケー
神様、自撮りという大罪から免れる術を与えて下さり感謝します。

ワイドパンツ×ロングカーデのゆるコーデ@摂理のユートピアだよりより抜粋

この文章を見ながら笑わせていただいたと同時に、あることに気付かされました。
このように、私の「個性」に合わないことをしようとしていないだろうか?と。

たとえば、私はメディアの情報にかなり過敏に反応します。特に異性的な描写があると(それが暗示的だとしても)それが瞬間的に思い浮かんでありありと見えてしまいます。
だから、私はメディアを『遠ざけて生きる』方がいい人です。

また、私は人に対して「こうしてほしい」と思って接すると必ず苦しくなります。
これはその通りになったとしても、そうでなかったとしても、苦しさは消えません。これについて神様の考えでなく自分の考えで生きるから苦しくなるのだという御言葉が出ていましたが、そのとおりです。。
なので、私は人に対して何かしてほしいと思った場合、神様に相談して生きるのがいい人です。

このように、私の「個性」、「位置」があるのですが、それに合わない行為をして神様が悲しむようなことがあったら本当に残念です。
私も苦しいし、神様も苦しいから。

でも、時たま私が「自分の位置」に合わないのに「したい!」と思っていることがあるんですよね。
そういうところをちゃんと解いていかないといけない、というのが今週大事なことですね。
一つ一つ神様に話して、ゆっくりでもいいから確実に自分の位置をものにしたいです(^o^)

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事