極的になるほど顕になる古いもの


おはようございます、satoです。

今年も終盤になり、自分の状況も色々変化してきました。
一人暮らしを始め、仕事の内容も少し変わって、バイトでも色々あって…こういう時に私の「古いもの」がよく見えてきます。

たとえば、私は過度な刺激を受けるとそれに酔った状態になります。一度こうなるとなかなか元に戻るのが難しく、現在も空想世界に入っている状態が続いています。そうするとどんどんメディアや空想に時間を使ってしまうようになります。
原因は分かっているのですが、ここ最近は生活リズムが崩れる程になっている状態です…。

以前なら多少学校に行けないとかで問題なかったのですが、昼も仕事、夜もバイトという状態の今こうなるとかなりやばいです(´・ω:;.:…
今日はなんとか乗り切りましたが…。

また、失敗したときの自暴自棄も本当に多いです。
どうも失敗をして何か言われる時に血気が出てしまう…というところまでは掴めて、相手も「直してくれればいい」というのは分かっているのですが、どうも指摘をされること自体が嫌だ、という認識があるようです。そのために心の奥底では上手く受け入れられない、というところが…。
この認識を直さないと今はなんとかなっていますが、後に大変なことになります…(´・ω:;.:…

感謝なことに、この最後の時に私の直すべきところを教えてくださるだけでなく、それを認めて悔い改めると神様がどんどん助けて下さいます。
今日はいつもより授業もスムーズに進み、大分感触が掴めましたし、少しずつやり方が分かってきました。バイトでも少しずつ良くなってきているのを感じます。

最後の、極的な状況でこそ、本当の自分が出てきます。
大事なのは、それと向き合い直すこと。

最後のこの時、しっかりと向き合って認めて、直していきたいです。

というわけで今日は早く帰って寝ます…(´・ω:;.:…

ABOUTこの記事をかいた人

「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代まであと一歩。数学者を志す大学院生で、教育系の仕事もしています。 軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。