satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

賛美歌の力

賛美歌の力

皆さんは賛美歌を聞いたことがあります(^^)??

一般的には、「ゴスペル」と呼ばれますね。

日本人には親しみが薄い賛美歌。
自分も、聖書を学び始めるまで、ほとんど歌ったことはありませんでした。

聞くのは、クリスマスで町中で流れている曲を聞くくらいです(^_^;)

 

ゴスペルにも、バラードな曲や、ポップな曲など幅広くあります。
中にはラップも!?

 

歌い始めた時は、メロディが良くて好きになりました(笑)

でも、歌の何がいいのかと言ったら、歌詞ですよね(^^)?

賛美歌は、神樣に栄光を捧げるために歌います。

例えば、

一般的な歌に「あなた」というフレーズがあったとします。
これは、大抵友達であったり、恋人を意味しますね。

賛美歌では、ほとんどが“神樣”を意味します。

これが大きな違いの1つだと思います。

 

賛美は「メロディのついたお祈り」と言われます。

つまり、賛美を歌うことは、お祈りをすることになります!

凄いですね!

 

歌うことが、私たちの告白になります☆

逆に、神樣からのメッセージを貰う事にもなります☆

 

 賛美歌は一石二鳥にも三鳥にもなります\(^o^)/

鄭明析先生は、毎日賛美を捧げました。

つまり、毎日神樣に栄光を帰しました。

 

賛美はただの歌ではありません。

自己満足の歌でもありません。

賛美を歌うことで、神樣と対話できます。

 

賛美を聞く機会があったら、これらのことを思い出しながら聞いて貰えたら嬉しいです(*´ω`*)

この記事を書いたブロガー

Seiya
Seiya
岩手→東京(大学→社会人)
興味は広く浅く。摂理の社会人の日常をありのまま書いていきます。
東京に来て7年が経ちましたが、岩手も大好き、海山温泉大好きです。
最近は、映像にハマりだしてます(^o^)

日常生活カテゴリの最新記事