satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

火を投じるには?

火を投じるには?

今日からGWが始まりました!

皆さんはいかがお過ごしでしょうか??

 

今日は、都内でBBQがありました☆

 

今回はなんと!200人もの人が参加しました!!
(参加予定の数ですが)

 

自分は、火付け隊をやることになりました(その名の通り火をつける係です^^;)

 

前日に急に決まったこともあり、準備が少し足りなくなってしまいました。

今まで、薪をくべて火をおこす経験はあったのですが、炭に火を付ける経験はあまりありませんでした。

 

火起こしは、慣れている人が1人いましたが、なかなかうまくいかず…

 

試行錯誤して、結局ガスバーナー、着火剤を使うことにしました。

時間はかかりましたが、なんとか火を付けることが出来ました(^○^)

 

火をつけるのって、難しいですね^^;

 

 

聖書にも「火」が出てきます。

ルカによる福音書12章49節には、
「わたしは、火を地上に投じるためにきたのだ。火がすでに燃えていたならと、わたしはどんなに願っていることか。」
とあります。

「火」は、「御言葉」を表します。

火の性質は、「燃える、熱い、溶接する、灯りを灯す…etc」

御言葉がまさにこのようだということです。

この聖句は、イエス様がおっしゃった言葉です。

イエス様が来られた理由は、御言葉を伝えるためです。
御言葉が広まっていたならば、イエス様が来られる必要はありませんでした。

イエス様は御言葉を伝えるために来られましたが、思うように広がりませんでした。

火がすぐについていたならば…
御言葉がすぐに広まっていたならば…

キリスト教はもっと広がっていたに違いありません。

火が簡単に付かないことを通して、御言葉を広めることもそれほど大変なんだ…と、思いました。

到底、苦労のレベルは違いますが…^^;

次は、もっと上手くいくように研究しようと思います。

御言葉も研究ですね。

どうすれば、わかりやすく伝えられるのか。

BBQは楽しめました!

この時期にしては暑いくらいでしたが、いい天気で本当よかったです。

雨だったならば…

明日は礼拝。

おやすみなさい〜

この記事を書いたブロガー

Seiya
Seiya
岩手→東京(大学→社会人)
興味は広く浅く。摂理の社会人の日常をありのまま書いていきます。
東京に来て7年が経ちましたが、岩手も大好き、海山温泉大好きです。
最近は、映像にハマりだしてます(^o^)

日常生活カテゴリの最新記事