satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

【歴史の偉人たち】デカルト

【歴史の偉人たち】デカルト

お久しぶりです^^;

みなさんは、GWどうでしたか?

僕は、合宿に行ってきました。

後ほど、アップします^^;

 

さて、過去の人物をピックアップしていこうと思います☆

記念すべき、1回目は、「デカルト」について書こうと思います☆

 

デカルトの名前は、世界史で聞いたことがある方も多いと思います。

 

デカルトは、フランス生まれの、数学者・哲学者です。

彼の有名な著書に、「方法序説」というものがあります。

 

この本は…
えっと…

ググって見ましたが、頭の悪い僕には理解できませんでした…(;_:)

でも頑張って調べました(笑)

まずは、「わたしは考える,ゆえにわたしは存在する」という言葉。

これは、思索の開始において、全ての存在を疑うというもの。
しかし、疑うことができないものがあるとすれば、それは疑うということを行なっている私自身。

つまり、そういうことです…

 

話は変わって、

 

聖書を学んでいる僕にとって興味深い部分は、神樣の存在証明でした。

自分について、自分は不完全な存在。
だとすれば、完全なものが存在しなければならない。
つまり、完全である神樣が存在しなければならない。
従って、神樣は存在する。

というものです。

ちなみに、「完全であるものは存在しなければならない。」
これは、カントによって否定されました。

 

神樣は見えないので、論理的に証明するのは難しいですね(;_:)

でも、神樣は確実に存在します。

なぜならば、科学的に証明できないから。

 

とは言っても、見えない。

神樣は自分自身が感じないといけないです。

頭でわかるわからないという話ではありません。

疑う疑わない、その前に、一度信じてみないと絶対にわかりません。

食わず嫌いと同じです。

 

過去の人物も、なんとかして証明しようと努力して、もがいたのだと思います。

デカルトもその1人。

時代が進み、今は完全に証明されました。

それは、御言葉を学べばわかります。

 

神樣について教えてもらえたことに感謝します☆

この記事を書いたブロガー

Seiya
Seiya
岩手→東京(大学→社会人)
興味は広く浅く。摂理の社会人の日常をありのまま書いていきます。
東京に来て7年が経ちましたが、岩手も大好き、海山温泉大好きです。
最近は、映像にハマりだしてます(^o^)

日常生活カテゴリの最新記事