BLOG

かかりつけ医の存在

こんばんわ!Seiyaです(`・ω・´)

寒いですね〜

Seiyaは体を壊しました〜
なんだかんだ3週間ほど前から本調子ではなかったのですが、
ついにごまかしが効かなくなりました…

これは流石に自力で治すのは無理!
そう思って、病院に行きました。

この病院は僕の家の近くにある、最近良さげだと思って見つけた病院とは別の初めて行く病院でした。
家の近くにある病院は、前回初めて行ったのですが、優しい先生で、ここなら大丈夫!と思って、これからはここに行こうと思っていた病院でした。

今回もそこに行こうとしたのですが、職場が遠いこともあり、仕事前後に行くのは難しく、かと言って土日に行くことも難しそうでした。
なので、職場に近くて仕事終わりでもやってそうな病院を探すことにしました。

そして良さげな病院を見つけました!

早速行ってみることに。

ここは、もちろん初診になるので、問診票を書きました。

診察の順番が来ると、先生に色々聞かれました。
「今日はどうしましたか?」から始まり
「いつから?」「どんな?」と聞かれ、小児喘息があったことを話し、最近咳喘息に罹った事も話しました。
先生も納得し、じゃあ前回と同じで薬でいきましょう!という結論になりました。

優しい先生で、良かったです(^o^)

ただ、問題なのは、1回で良くならなかったことです。
なので、もう一度行ってみることにしました。

次は、前回とは違う先生だったため、前回のように同じようなことを聞かれました。

決まり文句のように、「今日はどうしましたか?」と聞かれました。
内心、「いや、前回と同じなんですけど…」と言いたくなりましたが、症状を細かく前回のように説明しました。

そして、長引いていることを不審に思ったのか、レントゲンを撮ることになりました。
レントゲンでは以上は見つからず、でも先生は納得いかないようで、CTを撮ることになりました。

月曜日CTです(ToT)
CTについてはあとで書きます〜

 

なんだか面倒くさいやりとりをしている中で、思いました。

かかりつけ医がいたら、どれだけ楽なんだろうか。

地元にいた時は、ほぼ100%行く病院は決まっていました。

僕が生まれた時から、この時はあの薬、これは駄目、これはとても良いなど、まるで僕の身体のように知り尽くしていました。

だから、症状だけ伝えれば、もうこっちのもの!という感じです(笑)

 

そうだったのですが、上京してきて、かかりつけ医が無くなりました。
なぜかというと、引っ越しを重ねるようになり、職場も客先常駐のため点々としていく中で、通う病院が固定されなかったからです。

何回新しい病院に行ったことでしょう(笑)

 

だから、かかりつけ医のように、僕が生まれる時から、
いや、生まれる前から全てを知り尽くしている、全知全能な神様がいることがどれだけ感謝すべきことなのか!!!そう悟るようになりました。

医者で言う、薬を処方して、完治するように、サポートすること。
これを神様は、御言葉で導いてくださいます。

完璧な方の言葉なので、従うしかないですね!

かかりつけ医を通して、神様の偉大さに気づきました(^o^)

 

皆さんも、かかりつけ医を持つことを強くオススメします(笑)

この記事を書いたブロガー

Seiya
Seiya
岩手→東京(大学→社会人)
興味は広く浅く。摂理の社会人の日常をありのまま書いていきます。
東京に来て7年が経ちましたが、岩手も大好き、海山温泉大好きです。
最近は、映像にハマりだしてます(^o^)

関連記事一覧