satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

紙か?画面か?どっち派?

紙か?画面か?どっち派?

これまた、仕事の話。

紙と画面。

画面としかいい言葉が見つかりませんでしたが…^^;

 

最近はタブレットやスマホが普及して、メモをとるにしても、ノートをとるにしても、紙に書くのではなくタイピングをしてパソコンなどで管理する人も増えてきました。

高校までは予想もしていなかったことですね!

文明の発達恐るべし!!

 

で、どちらが良いのか。

 

仕事では、ほとんどの資料がパソコンですよね。
手書きの資料とか見たことありません。

パソコンの方が、早い綺麗だからだと思います。
修正も簡単にできますしね!

効率を重視する会社にとってはそれが必然的になるのですね〜

 

ただ、デメリットもあります。
逆に紙でいうメリットですね。

 

それが何かというと、正確性だと思います。

タイピングすると、誤字脱字に中々気づかないものです。
それが、印刷すると不思議と見えてきます。
何でこんなの気づかなかったんだ?と思うくらいです^^;

実際、仕事でミスをしてしまい、上司から資料を印刷するようにと言われて印刷してから、ミスが無くなりました!

不思議ですね〜

そして、紙の良いところは、書き込めることです!

特に、発表する時にこれは有効ですね☆

タブレットなどでもできますが、汚くなってしまいます(TT)

 

また、僕だけかもしれませんが、ノートに書いた方が集中できます。

御言葉を、ノートに書いたりパソコンにうったり、時と場合で使い分けしているのですが、

ノートに書いた方が後になって覚えていることが多かったです。
そして、御言葉中眠くもなりにくかったです^^;

やはり、実際に手で書いた方が、脳が活性化するんですかね?

でも、御言葉が大量の時や、聞き漏らしたくない時は、パソコンにしています。
多くの文字をおこせるから。

なので、パソコンもいいですね(゚∀゚)

 

 

こういうの、若者には少ないかもしれませんが、僕の両親あたりの世代に多いのではないでしょうか?

いわゆる、「アナログ」と「デジタル」

デジタル時計よりアナログの方が、時間の感覚が掴みやすいからいい。
と、父は話してます(笑)

 

 

一長一短。

良い面と悪い面があります。

片方だけを見るのではなく、複数の方向から見て、必要に応じて使い分けたいですね!

この記事を書いたブロガー

Seiya
Seiya
岩手→東京(大学→社会人)
興味は広く浅く。摂理の社会人の日常をありのまま書いていきます。
東京に来て7年が経ちましたが、岩手も大好き、海山温泉大好きです。
最近は、映像にハマりだしてます(^o^)

日常生活カテゴリの最新記事