satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

計算してしまう癖

計算してしまう癖

僕だけではなく、幼かった時に比べて、成長した今の方が計算をしてしまうこと、
ありませんか?

なんでも、こうなるとこうなって、だからこうすればこうなるから…

預言者でもないのに、勝手に未来について予測してしまいます。
あるいは、過去の経験から勝手に判断してしまいます。

 

そうやって、行動できなかったことがどれだけあったことか…

 

やれば出来るのに、自分の考えで自分の行動を止めてしまっていました。

 

小さい時は、ただ純粋にしていたことが、大人になるとできなくなります。
周りを気にしたり、色々と考えてしまいます。

方程式が頭の中で勝手に確立されてしまうんですね。

 

逆に幼い時は、考えないでやることもあるので、失敗もたくさんします。
それで先生や親に怒られることもしばしば…

でも、その方が、成長するし、学ぶことも多いですね。

 

ひたすら頭で考えてもいいけれど、それではただただ頭でっかちなだけです。

社会では考えるだけでなく、動かないといけません。

いくらいい考えをしたとしても、行なわなければ、何も得られません。

 

 

最近感じたことでした。

 

自分で計算しないためには、心を開けることです。自分の考えを捨てることです。

いくら良い御言葉を聞いたとしても、自分の経験や知識で判断してしまうと、御言葉通りに行えません。
したがって、失敗します。
それは、神様のせいではなくて、自分の責任です。

御言葉通りに行なうことも、自分の考えを捨てなければできません。

でも、御言葉を行えば成功することは保障されています。
それが御言葉の威力です!

 

幼子のような心を忘れずに、御言葉を実践していきたいです☆

 

この記事を書いたブロガー

Seiya
Seiya
岩手→東京(大学→社会人)
興味は広く浅く。摂理の社会人の日常をありのまま書いていきます。
東京に来て7年が経ちましたが、岩手も大好き、海山温泉大好きです。
最近は、映像にハマりだしてます(^o^)

日常生活カテゴリの最新記事