satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

すっぱい葡萄と私の心

すっぱい葡萄と私の心

おはようございます、satoです。

突然ですが、「すっぱい葡萄」の童話をご存知ですか?
小学校の時に習う人は習うようですが、私はこれを聞いたことがありませんでした…授業中寝ていたのか、それとも集中していなかったのか(笑)
お話のあらすじはこのようなものです。

キツネが、たわわに実ったおいしそうなぶどうを見つける。食べようとして跳び上がるが、ぶどうはみな高い所にあり、届かない。何度跳んでも届かず、キツネは怒りと悔しさで、「どうせこんなぶどうは、すっぱくてまずいだろう。誰が食べてやるものか。」と捨て台詞を残して去る。-すっぱい葡萄-Wikipedia

この話を今日、御言葉を聞きながら思い出していました。

私は今まで失敗したことがたくさんあります。
自分が頑張ってできなかった、というよりは、むしろやらなくてできなかったことの方が多いです。
私はそのことでずっと心が苦しかったです。「もしやったら得られたのかな」という後悔と、自分が失った、という事実によって。
その苦しみは、思い出す度に増し加わります。だから、思い出さないようにしていました。
「自分がこうできなかったのは仕方ない。これだけでも得られたのだから感謝しよう。成功だ」
そう、自分に言い聞かせて。

だけど、今日その一つ、それも最も大きな失敗について御言葉で思い出されました。
自分は失敗だと考えなかった、だけど、天の目から見たときには「失敗した」こと。その事実を思い出した時、私は本当に苦しかったです。

失敗を失敗と認め、反省した人には回復の機会が与えられます。そうして過去を乗り越えていくのです。
だけど、失敗を認めなかったら…その過去の苦しみはそのまま残り、思い出す度に出てきます。
そのことを、わかったのです。

だから、認めました。
失敗したことを。苦しいから失敗したと認めずにいたことを。
苦しかったことを。失って、公開していることを。
そして、その上で、もう一回機会を欲しいと。
その機会をくださったことに感謝することを。
認めました。

これは童話には出ませんが、高い木にある葡萄を取れなかったキツネは、ずっと葡萄を見るたびに苦しみが思い出されたのかな、と推察します。
童話では捨て台詞を吐いて、合理化したキツネ。だけど、その後も苦しみは続いたのかな、と思っています。
「あの葡萄はまずい」と合理化することで、「葡萄を取れなかった」事実を認められなかったキツネは…。

もっとも、キツネは自分の中で努力をして、その上で取れなかったのですから、「行なわなかった」わけではありません。
そこは私と違います。
もし、神様ならあのキツネになんというのでしょうかね…。

-誰か、木登りが上手な動物に取ってもらえばいい。うまくいかないなら方法を変えなさい。

-一人で頑張ろうとしないで、私の考えで行ないなさい。
あなたが他の動物に頼めば、その人と一緒に食べれて美味しい。

-合理化したら苦しみはずっと続く。もっといいものを与えるから、素直に認めなさい。

と、まるで今の私に語るような言葉が浮かんできたのでした。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事