satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

初めてのお祈りは「お弁当屋さんがほしい」!?

初めてのお祈りは「お弁当屋さんがほしい」!?

ぽっぽです(^^

聖書を学ぶにあたって、

最初に教えてもらうことの一つが

お祈り」です☆

このお祈り、苦手な人も少なからずいます~

そりゃそう、、
だって神様見えないもん(^^;

「ただの独り言してるみたい~」
「何を言ったらいいのかわからない~」
とかが苦手なところですよね~

僕も最初、よくわからず、、 そこで教えていただいたのが、

牧師さん(以下、牧)「君、野球やっているよね?」

ぽっぽ(以下、ぽ)「あ、はい!」

牧)「じゃあ、君がボールを持っているとして、目の前は煙でなにも見えないとしよう。その煙にむかってボールを投げてみたらどうなるかな??」

ぽ)「どこかへいきます」

牧)「そうだね~、ではもしその煙の向こう側に壁か何かがあればどうなるかな?」

ぽ)「跳ね返ってきます」

牧)「そうだよね。つまり、ボールが返ってきたなら、そこには見えなくても何かが存在していることになるよね?」

ぽ)「あー、はい」

牧)「お祈りも一緒だよ。見えなくても、祈ってみて何らかの反応があれば、何かが存在していることになるよね?」

ぽ)「ん、んーはい」

牧)「だからボールを投げてみてね」

ということで、
お祈りもやってみたらわかるということで求めてみました。

もうお祈りでもなんでもないのですが、
「家の近くにオ〇ジン弁当と、か〇どやはあるんだけど、ほっと〇っとがないんだよな~。ほっと〇っとないかな~」

と、もはや祈りなのか、ただの食いしん坊なのかわからない。この想い。

と、、数日後、なんと、家の近くに、ほっと〇っとができたのです!!??

「えー!??マジでー!??」

この食いしん坊ボールに返球をしてくださった神様、

あの感覚はいまでも忘れません(^^;

ここから、「お祈りっていいな」って純粋に思いました(^^

「ただの食いしん坊じゃん」と思うかもですが、

これを通して、「神様って本当にいるかも」って信じれたことが大きいんですよね☆

神様も苦笑いか、大笑いして返してくれたかはわかりませんが(笑)

ぜひ、みなさんもボール投げてみてください☆

Ⅰヨハネの手紙5:14
わたしたちが神に対していだいている確信は、こうである。
すなわち、わたしたちが何事でも神の御旨に従って願い求めるなら、
神はそれを聞きいれて下さるということである。

この記事を書いたブロガー

ぽっぽ
ぽっぽ
ラストイニングよく読んでました☆

学生時代はひたすら野球!

ただの野球馬鹿が聖書に出会って、人生変化!?な日々を綴っていきます~

日常生活カテゴリの最新記事