satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

最近思う私の課題

最近思う私の課題

おはようございます、satoです。

昨日の記事にも書きましたが、学位論文の提出も無事に終わり、学生としては一段落しました。いや、結構長かったですね…。
私が摂理に来てから早10年が経とうとしていますが、そのほとんどを学生として過ごしました。
摂理では「3,7,10年が一つの転換期」とありますが、この時に学生から本格的に社会人となるのは何か御心があるのでしょう。

ところで、学位論文の提出もそうなのですが、仕事の方も少し時間空くようになりました。なんと昨日から5連休。かなり珍しい状態です。

そうなると出てくる私の問題が

空いた時間、何をしたらいい?

ということです。この「何もすることがない(正確には期限が直近である作業がない、いつやっても良いものしかない)」状態をいかに過ごすか、というのが私の信仰生活における課題です。

調子の悪くなっていた一年間を振り返ると…
この期間に「信仰生活」とは真逆の怠惰な生活をしていたことが大きな問題となったのでした。

前だったらスマホをいじって過ごしていたこの時間も、誓いを立てた今となってはそうできないわけで、そうなると何をしよう…となるのです。

選択肢としては
・祈る、御言葉を勉強する、聖書を読む(信仰者の模範ですね)
・ブログを書く(まさに今していること)
・物語を書く、絵を描く(私自身のやりたいことの一つ)
・数学の論文を読む、計算する(研究者だしね)

というものがあります。

現在主に行なっているのが
・数学の論文を読む
なのですが、これには
-論文を読んで自分の中の数学の幅を広げる
-ブログのネタにする(最先端の数学について書けるのは私の強み)
-信仰的にも毒にならない(益になるかは私がどれくらい神様と対話するかによる)
-物語の構想にも繋がる(マリゼミの続きが書きたい)

というメリットがあります。
信仰者としては御言葉を聞くことも重要だし、物語も書きたいのですがこのあたりのモチベが高まらないのが現在復活すべき大事なことなのかなと思います。
(それでも、以前だったらブログを書くことすらできなかったので、だいぶ復活はしたんですが)

ただ、自分の場合は以前行なっていたことを繰り返す傾向にあるので、たとえば数学の計算をしたり、漫画を読んだあと御言葉やら祈りやら信仰のことをしようとしてもなかなか切り替えられない(切り替えようとしたら、それこそかなり強い決心と覚悟、外的要因と「何かしらの内面世界の改変」がないと難しい)のです。
数学の論文を読んでいるのも、学位論文のために「数学のことについて考える」モードになっているからですね。
あと、物語、特に御言葉を基にした物語が書けないのは、私の精神状態がちょっと良くない方向に流れているから(私の精神状態が物語のキャラに影響してしまう)です。
私は物語を描く際、その世界を内面世界にかなり強く満たしていきます。(物語の世界に没頭するという感じです)
なので、この内面状態がいい状態でないのは問題なんですよね…この回復には時間が必要だと思います…(´;ω;`)

聞けばADHD傾向にある人、ASD傾向にある人は「空いた時間」の使い方がとても苦手だそうです。ASD傾向にある人は「外部から与えられた」ものはできても「自発的に行う」のが不得意ですし、ADHD傾向にある人は疲れやすいのと、計画を立てるのが苦手(そこまでの集中力が持たない)なのです。

そんなわけで、「空いた時間」の使い方を教えてほしいな…というのが現在の切実な願いです(´;ω;`)

全く関係ないですが、最近聞いた賛美があまりにアニソンっぽくて、何か一つPVでも作れないかな…なんて思っています。ニコニコとかで上がるようなMAD動画、私好きなんですよね。ゴチャゴチャしてて。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事