BLOG

実体を見て、分かってあげること

こんにちは( ・∇・)

最近、資格試験の勉強を始めたKokoroです☆

なんの資格かというと、今の仕事にも関わっている
校正の資格です(^^)v

校正記号とかについてやるくらいだと思っていたら
校正って本に関する知識、印刷に関する知識も必要なんですよね。
知らなかった(^◇^;)

ということで絶賛、本の構造や印刷の仕組みについて勉強中です。

前置きが長くなりましたが本題に移ります。

勉強しながらですね、
実体があること」ってとてもとても非常に大きいことなんだなと悟ったことがあったのです。

Kokoroは通信講座で受講しているため
本の構造とか、印刷の流れとか機械の説明とかを
全部文字で学んでいるのです。

これがめちゃくちゃ分かりにくい!(つД`)ノ

本の説明が悪いわけではなくて
「これ絶対実物見たら『あ〜これね』ってなることなんだろうなぁ」という
文字による説明の限界みたいなものを感じます。

例えば、コップを言葉で説明されるより
実物ポーンと見せた方が瞬間で相手もすぐわかりますよね。

それをいちいち「コップというのはね、液体を入れる入れ物で大きさや色、形が様々にあってね…」と説明したら、自分も相手ももどかしい(-_-;)

だから「実体を見られるって大きいな」と
勉強しながら悟りました。

そして、
だから神様は、ご自身の肉体となるメシヤを遣わして
「あぁ神様ってこういう方なんだ」と
人間がその人を見て、接して分かるようになさったんだなという悟りをいただきました。

ヨハネによる福音書‬ ‭14:11, 24‬
わたしが父におり、父がわたしにおられることを信じなさい。もしそれが信じられないならば、わざそのものによって信じなさい。

わたしを愛さない者はわたしの言葉を守らない。あなたがたが聞いている言葉は、わたしの言葉ではなく、わたしをつかわされた父の言葉である。


イエス様を通して、神様はご自身の心、考え、精神、行なわれることを見せてくださいました。

目に見えない霊の存在でいらっしゃる神様を
人間が分かって、近くして、愛せるように。

分かってほしい」。
人も、自分の気持ちを分かってくれて
辛い時は慰めてくれて、励ましてくれて
嬉しい時は一緒に喜んでくれる。
そういう存在を求めるように

神様が私達人間に1番求めていらっしゃることは
〈分かってくれること〉。

どんな目的をもって〈あなた〉を創造したのか
どんな心で、今この瞬間も神様が〈あなた〉をご覧になっているのか
その〈心〉を分かってあげること。

これが、神様と近くなる秘訣だと
鄭明析牧師は教えてくださいました。

誰よりも、自分に向かう神様の深い心を知ろうとして
山で21年間祈り、聖書を3000読し
神様と近くなることに挑戦して来られた鄭明析牧師。

神様について学びたい人がいるならば
ぜひ彼の説教を聞いてほしいです。

私は日本でも海外でも、いくつか教会に足を運んだことがあります。

その中で、私は鄭明析牧師の説教を聞いて、1番神様を感じました。
神様をとても近く感じられました。
よく分からなかった神様について、はっきり教えてもらえました。

また、神様の体として遣わされるメシヤについても
自分にどう関係があるのか
一つ一つ、詳しく教えてもらえました。

だから私は今、メシヤに会いたいし、
会ったならばはっきり、その人を通して神様を見たい。
そして最後までついていきたい!
という思いまで抱くようになりました。

無神論者だったのに。笑

メシヤについて、神様について
実体を見れるチャンスを
逃さないでほしいなぁ。

この記事を書きながらどんどん考え深くなりました(。-∀-)笑

長くなりましたが、今日はここまでにしますっ。

明日は主日♫
素敵な一日を〜(´∀`)

関連記事一覧