satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

迷子

迷子

ご無沙汰しております。

 

早くも1年の半分が過ぎようとしていますね~

 

最近、在宅勤務のために簡易的なデスクをネットで注文したのですが、届いた中身を開けてみると中に組み立て用の軍手が同封されていて、販売元の愛を感じました!

 

さて、今日は迷子について。

 

先日、横浜駅に行ったのですが、普段行かないこともあってか横浜駅の地下で迷子になってしまいました。

構内図を見ても方向音痴な私は現在地がどこで、どの方向に行っていいか分らず右往左往してしまいました。

 

ちなみに、横浜駅はずっと工事が行われていることから、「日本のサグラダファミリア」と呼ばれるそうです笑

工事中だから迷子になりやすいんですかね?

 

歩き回りながら何とか横浜駅の迷宮を抜け出したのですが、家に帰ってから聖書に出会う前の自分もこのように人生の迷子だったなと思うようになりました。

 

私は大学3年生の時に聖書を学び始めたのですが、

それまで私は大学生活や人生で何をすべきか、何がしたいか分からずぼんやりと生きていていました。

そのような生活が嫌だったので取り敢えず国内外一人旅をしてみたり、ボランティアや本を読んでみたりしましたが、長続きせず、大きな発見もある訳では無く、余計に何をしていいか分からずに迷っており、まさしく迷子になっていたなと思い返すようになりました。

実際の迷子でも下手に動き回る程、余計に道に迷ってしまうことってありますよね?

 

そもそも、現在地も目的地も分からなかったし、目的地までの地図も持っていなかったし、地図があったとしても地図が読めずに途中で道を見失うから人生の迷子になってしまっていたんだと思います。

 

横浜駅で迷子になったことを通して、かつて自分も人生の迷子で、聖書を通して目的地を知り、聖書の御言葉が目的地までの地図になり、聖書の御言葉通りに実践している人に出会えたことが目的地まで手をとり導いてくれる人に出会えたことだったと感じるようになりました。

 

私は霊も肉も方向音痴なので、随時正しい道にいるかチェックしていきたいと思います!笑

 

この記事を書いたブロガー

bong
bong
ハレルヤ!!
大学3年生の時に摂理に出会い、現在はメーカーに勤める社会人。
好きな聖句は使徒行伝3章6節、ヨシュア記1章9節。
好きな食べ物は麺類とフルーツ♪
日々の信仰生活で感じたことや出来事を気ままに書いていきたいと思います!

日常生活カテゴリの最新記事