satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

初心に帰る。

初心に帰る。

こんばんは、satoです。

昨日「人に嫌われること」を恐れているということを書きましたが、今日御言葉で次のような話を聞きました。

好きなものの標準を神様の御心の中に置きなさい。

この御言葉を聞きながら、私が好きなものの基準、喜びの基準を考えてみました。そうしたら、結構「人」が基準になっていることが多かったです。

人に喜んでもらえること。

人が私を見捨てずにいてくれること。

あとは、自分の願いがなされること。例えば欲しいものを得ることとか、行きたいところに行けること…。

でも、これらは成されるかは分かりません。だから、不安になり揺れるのです。

私の願うこと、希望、喜び。それは元々「神様」から来ます。神様はいつでも私を愛し、私が良くなることを願われています。

その神様の願いを自分の基準にしてこそ、変わらずに…。

自分がはじめて礼拝に来たとき、神様の愛を感じたとき。そのとき、確かに感じた神様のこと。その初心をもう一度振り返り、信仰を深めていきたいです。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事