satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

旧友との深い対話。

旧友との深い対話。

こんばんは、satoです。

今日は東北から昔私の教会にいた兄弟がやってきました。
久々に話をしましたが、とても懐かしかったです(*‘∀‘)
教会の人と一緒に札幌観光に行きました☆

ラーメン
ラーメン炎神別館 瑞(しるし)の辛みそラーメンです。
炎神は色々な人がお勧めするとてもおいしいラーメン屋です(*‘∀‘)

大通公園に行ったり、ラーメンを食べたりしました。
ラーメンを食べている間に、その兄弟と色々な話をしました。
私は結構世の中の政治や教育の問題に敏感で、いろいろ考えていたのですが、そういう話をたくさんしていました。
その兄弟も昔からそこに関心が高かったので、あれこれ深い話をするようになりました。
私が気づけなかったこととかも知れて良かったですし、何よりそういうことを話す機会を持てたことが良かったのです(*‘∀‘)

私は摂理に来る前は自分の興味が漫画やアニメに集中していたので、あまり政治についての関心はありませんでしたし、難しくて頭に入りませんでした。
私を摂理の教会に連れてきてくれた友達は結構政治にも詳しくて色々話をしてくれたのですが…その時は完全に耳から入り、耳からそのまま抜けていく感じでした…(笑)
しかし、ツイッターを見たり色々な情報を見ていくことで、摂理の御言葉と比較して政治の内容も考えるようになりました。

私は「批判」がとても苦手です。それが自分のことでなかったとしても、どうしても「否定されることの痛み」というのを感じてしまうので…。
特に政治など一部の分野では「批判」や「否定」的な文章が多く、そのことでとても心が苦しくなりました。
しかし、そういうのが目に入ってしまうという…(´・ω・`)
そして、そのことについていろいろ考えるようになりました。
特に「否定的な」内容についてそのまま信じることなく、どうしてそうなったのか両面の立場から見るようにしました。
それは、「片側を否定する」ということは自分にとってとても危険なことだ、ということを学習していたから、でもあります。

そのおかげで、今では政治的なことについてもいろいろ話せるようになりました。まだそれなりにですが…(´・ω・`)
知識不足は否めませんが、そういう話もぼちぼち発信していきたいな、と考えています。(参議院選挙前の記事とかみたいな…)

ただ、こういう話ができる人って案外少ないんですよね。
今日はそういう話ができてとても良かったです。
そして、兄弟との対話を通して改めて祈りの大切さを感じました。

「分かっている人がしなければならない」

と摂理の御言葉で話されているのですが、いろいろ分かっている私も、もっと政治のこと、教育のことなど今の日本がぶつかっている問題のために祈りたいな、と思います。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事