satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

ポケモンGOより神様との愛へGO

ポケモンGOより神様との愛へGO

こんばんは、satoです。

昨日話していたポケモンGO、なんと今日配信を開始したようです。
北大を通ったら、あちこちでスマホを見ながら歩いている人が。時たま止まって友達に撮って!と言いながら何もないところに手を置いている人もいました。おそらくそこにポケモンがいたのでしょう。
理学部にも一匹いたらしいです。

ツイッターを見ると、色々な人がポケモンGOしてました。中にはもう飽きている人もいましたが(笑)
そんな中、こんなツイートが…

<blockquote class=”twitter-tweet” data-lang=”ja”><p lang=”ja” dir=”ltr”>東工大でもみんなやっているけど、ポケモンGOってそんなに面白いんですかね?数学の方が面白いし、お金はかからないし、通信する必要ないし、スマホも必要ないし、いつでもどこでもできるし、危険じゃないし、誰にも迷惑かけないし、その上、成績は上がるし…数学すればいいのに。</p>&mdash; 加藤文元 (@FumiharuKato) <a href=”https://twitter.com/FumiharuKato/status/756342255279976448″>2016年7月22日</a></blockquote>
<script async src=”//platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

p進解析の研究で有名な東工大の加藤文元教授の一言。
要約すると「ポケモンGOより数学やった方が楽しいしためになるよ」ということです。
これを聞いて、そういえば私「ポケモンGOに思ったより興味ないな」と気づいたのでした。
その理由を考えると「数学を考える今が一番楽しい」からなんですよね。

数学はとても難解です。専門分野になるともっと分からないことが多いです。
しかし、一度自分で疑問を考え、自分なりに考えるとだんだんと見えてくるものがあります。そして、新しい問題に気づきます。
そうやって、「森を探索する」かのように、数学を探索して、深く理解していくのです。その過程がとてもとても楽しいのです。

もっと言うと、数学が楽しいのは「自分の中で変化が起こる」から。
「分からない」から「分かる」に変化するから。自分の中で「根本的な変化」が起こるから。
つまり、「霊の喜び」を感じていたからでした。

「根本的な喜び」、根本的な変化。
それは自分が変化することです。「生まれついての状態」から「神様の願う状態」への変化。
「神様が人間と共に自分を作る」、その過程の中で喜びを得られるのです。
そして、私はその喜びを味わっていたのでした。
だから、つい最近ずっと色々なものを見ていたのですが、満たされなかったんですよね。「楽しくない」から。実はほとんど気づけなかったのですが…(´・ω・`)
ポケモンGOに関心がいかない、やる気にならないのも「霊的な喜び」、神様を愛することの喜びの方が強かったからでした。

そして、そのことに気づいて「あ、私って本当に変化したんだな」と分かって恵みを受けました(*‘∀‘)
でも、この喜びも続けて変化してこそ持続するもの。
大変な時もある…のは認識の問題。続けて神様を愛する生き方をしていきます!

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事