satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

思いもよらぬつながり…

思いもよらぬつながり…

こんばんは、satoです。

最近はツイッターを使って情報収集をしていたり、色々な人とやり取りをしています。
今までは人と対話するのはそこまで好きでなく、「自分がこう思われたらどうしよう…」と考えて何もできなかったのですが、ここ最近は思い切って行動をしています。

特に数学関連の話はとても面白く、たとえば高校数学だとしても改めて考えてみるとちゃんと理解できていないところを埋められたり、最新の数学の情報が来たりしています。ちなみに、現在京都大学で「ABC予想」の証明に用いた「宇宙際タイヒミュラー理論(IUTT)」のサミットがあり、全世界から専門家が集まって望月教授の理論を理解しようと議論をしています。
こういうところも知ることができるのはツイッターのいいところです。

しかし、時には私の苦手な情報がくることもあるわけで。そういう時は素直に回避するか、感情に流されずゆっくり考えます。

うまく使いこなさないと見る情報が多いために時間を浪費してしまうだけになってしまうことも…。
大事なのは、知った情報に流されず、一度自分で考えてみることです。このときに摂理の御言葉がとてもいいです。
何がって「軸がある」から、それに基づいてこれは正しい、これはちょっとずれている、というのが見えてくるからです。

少し話は変わりますが、思わぬところで思いもしなかった人とつながれる、というのがツイッターのいいところの一つです。
ツイッターで知っていた人と実際に遭遇するということもありました。いや、本当に(笑)
そういうところから人脈というのが広がっていくんですよね。

人と話していると、自分が磨かれます。私の場合は「相手にどう思われるか、相手が不快にならないように」を念頭に言葉を選んで自分の伝えたいことを伝えますが、これを通して自分の悪い心が磨かれていくのを感じます。
そもそも言葉を発していないと調子が出なくなるんですよね…私。
最近普段の私が苦手とする「ハッキリ言う人、共感重視でない人」とも話すことがあり、さらに大変ですがそれでもちゃんとやり取りできていると自信につながります。
そして、私が発信したことに反応をしてもらえると色々内容が深まってとてもいいです。

やはり発信したり何かしら動いたときに進展が起こります。
続けて私も自分の考えていることを発信していきたいです。あと、ツイッターも一つのツールなので、もっと天の御心にかなう使い方ができればいいなと思います。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事