satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

もやもやの正体。

もやもやの正体。

こんばんは、satoです。

ここ最近、何をやっても調子が上がりませんでした。
論文作成にもなかなか手を出せず、なんか異常にネットを見ている私…。
そして、祈ってもなんか深くならず、生活が漫然としている…この感覚は非常にまずい|д゚)

といっていろいろしたのですが、一向に良くなりませんでした。
しかし、今日人と話をしながら整理をしているうちにその原因が分かったのです。

実は今年一度「教員採用試験」に受けようと思っていました。
しかし、それは「私の決心したこと」、つまり「何があっても研究者を目指すこと」に反するのではないか、と不安になっていたのです。
神様に対しても約束していたことなのに、道にそれてしまうことなのではないか…と考えていました。

正直、対話して相談したら早かったのですが…「でも、神様の気に入らなかったらどうしよう…」と考えて不安になり、うまく言葉にできなかったのです。
しかし、いざ口に出してみたら、スッキリとしました。改めて私は「研究者」を目指す、という目標を持っていることを再認識し、火が再びつきました。
成功する人の方法の一つに「目標をいつも見えるようにする」というものがありますが、口にすることもまた同じ効果があるのではないか、と思います。

それにしても…一人で迷っている間のこの漫然とした感じ…(´・ω・`)本当に天の前に恥ずかしい限りです。
とにかく今は目の前にあることに専念します!それと、迷っていることがあったら今度はすぐに話をします!(´・ω・`)

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事