BLOG

摂理人sato、ヨガをしてみた。

こんばんは、satoです。

誰もが気を遣う「健康」。
多くの人は健康のために運動をし、時にはジムにも通います。
それは摂理人も同じ。

鄭明析先生の御言葉でも

<体>が健康でなければ、<霊的な仕事>もやっていくことができません。
<外的>に運動をして体を鍛錬し、<内的>に祈って時代の糧をもらってこそ、サタンを退かせ、時代の命たちを導いていくことができます!
みんな健康のために運動し、その健康な体をもって摂理を走り、命を伝道することを願います。

というように、健康のために運動をすることを勧めています。それは肉体を持って神様の願うことを行なってこそ、霊が作られるからです。

というわけで、摂理人はとても運動に関心を持っています。
たとえそれが私のような怠惰な人だとしても、運動をしたい、してみようかな…と考えるわけです。

そんなわけで、私も運動をしています。主に室内でできる運動、それもある程度刺激が強いものを。
たとえば、最近こっちに来た人が持ってきてくれた腹筋ローラーを良く使っています。今調べたら、立ってローラーを転がすのは最も負荷の大きな自重トレーニングなのだとか…。
それを知らずに、私はずっと立って転がしていました。最初にやったその人がそれをできていたからです。
一回やるだけで腹筋が痛いです((((;゚Д゚))))しかし、それくらいの刺激が強いほうが好みなのです。だって明らかに効果が出ているのを感じるから。

つい最近、その人はヨガを始めました。それにつられて私もヨガをやってみました。

ヨガは摂理人の中でも結構やっている人が多いようです。摂理CAのLunaさんもやってるって聞きました。今リンクの記事をみたら「ヨガの目的は心と身体を整えること」と書いてあって、なるほどと思いました。

私がやったのは、肩まわりの柔軟です。

私、体は固いのです。特に開脚や前屈をすると顕著に出ます(´・ω・`)いつもスポーツをやるときにネタになります(苦笑)
しかし、肩まわりは結構柔らかい方なんです。たとえば、背中手つなぎは左が上なら指を組めますし、右が上でももう少しで組めるくらいに指先がつきます。
あとは足首も柔らかいです。それでかはわかりませんが、捻挫は一度もしたことありません。

というわけで、後ろ合掌のポーズをしてみましたが、ちゃんとくっつきました。それでさらに上に上げてもらったのですが…これがかなり痛い((((;゚Д゚))))
イタタタ!!!!と言いながらしばらく続けていたのですが、気がついたら右肩のコリが少しほぐれているのを感じました(/・ω・)/
ちなみに、この風景を見ていた同居人は「どうして後ろに手を回して手のひらがくっつくのだろう…」と不思議がっていました。

肩のこりがほぐれると、不思議と心も気持ちよくなっています。
なんか、肩の荷が降りた感じで、リラックスができます。

健康になるのも、全ては信仰生活を元気に行なうため。
習慣になる時まで続けて運動していきたいな、と思いました。

 

ちなみに。
私の運動に関する最大の課題、もっとも苦手意識が強いのが走ることです。
私は体力がなく、走ると本当に息切れが激しいのです。それがあまりに苦手で、どうも走ることに対してはまだ楽しさを見いだせていません(´・ω・`)
走ることが大事だ、ということを頭では分かっているつもりですが、苦しくなってすぐに止めたくなる、それでやめると走った気にならず、続けてやると心がヘタれてしまうという豆腐メンタル…。
何か走ることを楽しめるコツがあれば教授して欲しいと願う今日このごろです(´・ω・`)

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代まであと一歩。数学者を志す大学院生で、教育系の仕事もしています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

関連記事一覧