satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

極に至れば、人は過去を乗り越えられる。

極に至れば、人は過去を乗り越えられる。

過去あった事実と自分が行なったことは変えられない。だけど、過去の解釈、意味は変えられる。

こんばんは、satoです。

今日の主日礼拝の御言葉は「極だ。変化だ。熱くやりなさい。」です。
熱く、というとスポ根系のイメージが浮かびますが、今週の核は「極的に行なうこと」です。
とにかく極に至るまで、行い続けること。失敗してもやりたくなくても、最後までやり切ること。これが核です。
そして、最後までやったときに必ず大きなものを神様から与えられるわけです。

実は私、極的に行なうのはどちらかと言えば得意な方です。何故なら、一度決めたことを繰り返し行うというのは発達障害の特性の得意分野であるし、やるかやらないかはっきりさせる、どんな状況でも、嫌だと思ってもやり続けるというのは私の得意分野だからです。
実際、去年も一昨年も「あること」をやり切って、天から大きく得たものがありました。
そのことを思うと、こういう話はむしろ私の得意分野だな…と思います。

ただ、方向性をしっかりしないと危険なわけで…。方向が曖昧だと途中でやめてしまうというのが私の弱点です。(最後まで続けられたものはいずれも目標とやることがはっきりしていたという点がよかったのです。あと、目標がいずれも「天の方向性に合う」ものでした)
悪い方向に極で行なうと極的に変質し、良い方向で極で行なうと、極的に変化していきます。それくらい「方向」が大事なのです。

実は、今日も一つ極的にやり切ったことがありまして、そのときに一つ大きな変化が得られました。これ、本当に私にとっては大きな宝でした。

過去の認識を乗り越えて…。

私は摂理に来た当初、人のことをかなり苦手としていました。別に摂理にいた人々が私に悪くした、ということは全く無く、むしろ良くしてくれたのですが、何分私が人から介入されるのが嫌だったことと自分が間違ったことをすると、人が認めてくれなくなるという認識があって、ずっと人に気を遣いすぎていたのです。
後者の認識はおそらく小学校から中学校時代の人間関係から来ています。

だから、その当時に色々話してくれた人に対して、どことなく苦手意識を持っていました。大部分はほぐれたのですが、時たま出てくることがありました。

今日はそれを乗り越え「苦手意識を克服し、その人達と一つになる」という目標を持っていました。天は神様を中心に私達が一つとなることを願われますからね。
しかし、いざ話そうとするとその時の感覚が出てきて、避けようとしてしまうのです。が、それはそれとしてとにかく接しました。「自分にどんな感情が出ようが、とにかく決めたことを行なう」私の特性の出番です(笑)

そんな感じでしばらく過ごしていたのですが、ある時

過去は変えられないが、過去の認識は変えられる

という感動とともに、過去のことが思い出され、そのことが神様の愛でしてくださったものだということを感じるようになりました。
その感覚が出てきてから、少しずつ過去の苦手意識が薄れ、段々と自然に人と接することが出来るようになりました。

そうすると、自然と一つになり、今までよりさらに多くの「奇跡」が起こるようになりました。思っても見なかった方向からたくさんの祝福を得られるようになりました。おかげで、今日はとても喜びで時間を過ごせるようになりました。

この人に対する「認識」を変えるというのは私の今年のテーマの一つです。
私が摂理に来て残っていた「不完全な認識」によって、多くの誤解を持って人を見ていたことがありました。そして、その時の主観が今でも浮かび上がってくるのです。
でも、今回「とにかく天を意識して行なう」ことで、その主観を乗り越えることができた、という大きな経験を得るようになりました。本当に感謝です!

続けて、「プラスの評価があったとしても、一度失敗したら自分が認められなくなる」という認識も直していきたいです。ホント、この認識のためにどれほど労苦したか…!これも過去のことが原因なので、一つ一つ認識を改めたいです。

過去は変えられないが、その時に受けた主観は変えられる

人は自分が行なったことを変えることは出来ません。また、そのときにどうして行なったのか、その理由を変えることも出来ません。しかし、そのことで成功、あるいは失敗したときにそのことについて「汚点」と考えるか、「次への改善点」と考えるかは変えることが可能です。そして、その認識はとても重要です。
また、人から何かをされたときに受けた印象、主観は変えることができます。そして、これをより良く変えることがとても重要です。
何故なら、過去の経験、主観、認識が今の自分に現れてくるからです。

だから、もし人に対して苦手とか嫌だと感じて、それが続く時、その時は「自分の過去、どうしてそれが起こるのか」見てみることをオススメします。過去解決されていないことが、今でも出てくるからです。

最初は変わりませんが、最後までやれば全く新しい自分になれるでしょう。
それが理想的に、永遠につづく道で成されるのが摂理の御言葉の良さですね。

私も続けて、自分の主観を極的に変化させていきます(∩´∀`)∩

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事