satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

凸凹であってこそ、動く作品になる。

凸凹であってこそ、動く作品になる。

人生、先がわかるような平坦な道じゃ、つまらないよね。

こんばんは、satoです。

今日は摂理の水曜礼拝で伝えられた御言葉を聞いた感想をば。
今日感動を受けたのはこのフレーズでした。

山の岩の道を行く時、道が狭くなったり広くなったり、人間のように楕円形になっていて、体が横の岩に擦れるようにしてやっと通過するとか、這って入っていくとか、体が大きい人は入れなくて泣きべそをかいて服を脱いでやっと入っていって、また広いところから出てきて、そこにわき道があってそちらの方に行って戻ってくるところもあってこそ、スリルがあります。
ずっと先が見えるトンネルのようになっていて、まっしぐらに通過するなら、退屈で面白くありません。-2016年1月6日水曜礼拝の御言葉『分かって聖三位に栄光を帰しなさい』より

まず、この話を聞いて、今日たまたま読んだ数学史に関する本を思い出しました。その本は「具象」と「抽象」の関係について話していたのですが…これは別の機会に。

この話を聞いて、感動したのは私自身の今年一年を表していると思ったからです。

前に書いたように、今年は大きく変化をしようと新たに挑戦する構想があります。
しかし、ここ最近はなかなか思ったように行えませんでした。やはり、「空想」に囚われてしまう癖がありますね…。
でも、そういう自分の好調・不調の波もまたスリルがある、というものです。不調なときにどうするか。好調なときにどんな風景が見えるのか。それを楽しんでいきたいです。

今日不調だったのは、私がうまく行えないことがきっかけで人の心を痛めてしまい、そのことを気にしていたからです。すでに次にどうすべきかその人と話をしたのですが、それもまだ思ったように行なえません…。頭では分かっていても、心が「不安」に囚われているのを理解していても、なかなかそれを治められない私がいます。

人は失敗があってこそ成長できる、と考えることもできます。失敗には必ず原因があり、そこを克服すれば次はうまくできるからです。ところが、私の場合は(だいぶ克服できたとはいえ)失敗、特に「人間関係における失敗」-人を困らせる、怒らせる、悲しませる-ということがあるとフリーズを起こし、その後の言葉・諫言が入っていないというところがあります。

こういう凸凹がある私にとって、この御言葉がとても感動でした。
自分はどうしてもできないところ、不得手なところ(人のことを考えることが苦手)がありますが、それを克服しながら、できるところがたくさんある私という存在を肯定してくれるようだったからです。本当に愛の御言葉でした。

ただ、不得手なところがあるからと言って、それをそのままにするのは良くないと思います。(これは私に向けてです)
こういった私の弱点・短所を克服する、そして新たなステージに向かうべく挑戦すること。それが今年一年の流れになりそうです。
自己中心的なところが多い私、でもそのことを分かって一つ一つ直していきたいです。

それと関連して

さまざまに万遍なく備えてこそ「よい作品」です。-2016年1月6日水曜礼拝の御言葉『分かって聖三位に栄光を帰しなさい』より

以前だったら、「そんな風にならなくても…」と思っていたこういう御言葉が、今日は「こういう人になれるように頑張ってみよう…」と思えるようになったのが驚きでした。自分の価値を回復できてきたから、こういう御言葉を受け入れ、自分もそうなりたいと心から思えるんだな、と思って、聖三位に感謝しました。

少しずつ変化している私。それを感じる時間でした。
このように少しずつ聖三位に似た精神に作ってくださる摂理の御言葉が本当にすごいな、と思います。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事