satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人の『明け方』を巡る戦争。その2~無くし物編~

摂理人の『明け方』を巡る戦争。その2~無くし物編~

どうして人は、物をなくすのか。

こんばんは、satoです。

前回明け方に起きるもがきをそのまま書きましたが、最後に

『…そういえば、今日は「二度寝」とは別の方法でサタンが明け方の祈りの時間を奪おうとしたのですが』

と書きました。
今日はそれについて話をしたいと思います。

物忘れの激しい私。

さて、私は

異常なまでに物を無くします。

例えば、ペン。数学を勉強する時にかなり用いるのですが、いつも使おうとしたら見つからない…それで、新しいペンを買って、しばらくしたらいつもと違うところに置いているのが見つかった…ということがよくあります。おかげで、今ペンがとてもたくさんあります(笑)

まぁ、ペンならまだ買えばいいのですが…。

財布とか

スマホとか

印鑑とか…

こういったものは生活をする上で必要なのですが、これもなくしたことが数多く…_| ̄|○ il||li
…え、なくし物で一番メジャーな『アレ』がないって?まぁ、それはまた後で…

この辺り、おそらく私の脳が持つAD/HDの注意力散漫が大きく影響していると思います。いつも他のところに注意がそれて、どんなに大切なモノだったとしても、忘れてしまう。それで、物を落としてたり置いたままその場を離れることが多いのです。ちなみに、一度月明洞でも財布を置いて別のところに行ったことが…((((;゚Д゚))))

幸い、親切な方が拾ってくださったり、警察に届いたりで大事には至らなかったのですが…。最近クレジットカードを手に入れたこともあって、持ち物の扱いにさらに神経を使うようになりました。

家に帰ったら、ポケットにある持ち物を用意した箱に毎日必ず入れる

これを徹底し、しばらく物をなくすことはなくなりました。

…あの日までは。

それは、明け方に起こった。

明け方、霊肉の葛藤の中全力で起き上がって、シャワーを浴びた私。

「いや~、しかし昨日より時間が早くなってる!進歩したなぁ私。本当に感謝~」

と考えながら、服を着替えました。
そして、持ち物BOXにある財布などを取りに行きました。

ところが、

あれ?

ない…昨日確かにここに入れたのだけど…。

『アレ』がなくなっていたのです。

ちょっと待って…これがないと家を出られないぞ…。どうしよう…あ、昨日着ていたコートの中にもしかしたら…

そう言って、昨日着ていたコート、そしてスーツのポケットを見たのですが、そこにもない。

焦る私。

これがないと…家から出れないぞ…

必死に探します。

まずい…明け方の時間がどんどん過ぎていく…

実は、こういう「探しものをして明け方の時間が過ぎていく」ということは一度や二度ではありません…。
本当に私も神様ももどかしい思いです。

このように、サタンは自分の弱いところを突いて神様との愛を妨害します。だから、私たちは自分が弱いところをわかって、事前に防がなければなりません。
本当に狡猾ですね、サタンは。
しかも、弱いところを突いて、自分が『うまくできない…』と落胆するようにさせます。本当に悪辣です、奴は。

だから、自分がうまくできなかったとしても、落胆しないで、すぐに神様に呼び求めなければなりません。
そうしてこそ、神様が別の道を用意して、助けて下さいます。

さて、この日の明け方がどうなったのか、そして、『アレ』はどうなったのか… 長くなったので、次の記事に書きたいと思います。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事