satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

言葉の威力って、恐ろしい…。

言葉の威力って、恐ろしい…。

こんばんは、satoです。
今日は「自分が話す言葉一つで心も状況も変わる」ということを生活の中で感じたので、それについて書きたいと思います。
摂理では、明け方に礼拝をします。明け方に神様にお祈りして、一日を御言葉を持って始める、という大切な時間です。が、実際に行くにはちゃんと体質化されていないといけないもので…つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:
ここ最近、明け方に起きることができず…というより明け方に起きても眠くてまた寝てしまうということが続いていました。
で、今日も明け方に起きたのはいいのですが、とても眠い。
眠くて、眠くて、布団に横になるのですが…ふと、私の脳裏に
私が横になるのを見てほくそ笑んでる『ヤツ』
が浮かんだのです。その顔を見た瞬間イラッとしてしまい、すぐに起き上がって祈りました。
が、眠たいのは変わらず…というより心は寝る方に傾いていたのでしょう。思わず
眠たい、眠たい…!
と呟いてしまいました。完全なる不満…!?Σ(・ω・;|||
その後、どうにか明け方の礼拝には参加したのですが、終始心の中にモヤモヤが…。
そう、先ほどの不満から発した言葉で、神様の心を傷つけてしまったから、自分の心がモヤモヤしていたのです。
さて、この件について悔い改めつつ、スケジュールの立て直し。以前「生活の安定化」を図るためにスケジュールを立てたのですが、その後色々仕事が入ったため破綻したまま直していませんでした。
自分の目標を言葉にし、少しずつ自分に無理のないスケジュールを組み立て…。
決まったことを機械的に行なうのは得意!
そう、ポジティブに話しました。
そしたら、その後の採点がはかどりました!いつもより細かくチェックし、ポジティブで細かい指摘。
やっていて気分が良かったです。
そして、午後のバイト。
バイトをしている間、どうも人のことが気になったり、数学のことが気になったりで集中できない私。
思わず、「そんなに集中できないなら…!」とカッとなりそうでしたが、いやいや、それでは私を見ている神様がまた傷つく、と思い直し、考えたのが
感謝ゲーム
集中できないならできないなりに、原因を考えつつ見たものに対して「感謝できることはないかな?」と探すということ。
たとえば、普段している挨拶一つも
本当に来てくれて、利用してくれて嬉しいな、感謝します!
という風に話す。
普段バイトしている仲間も
この人がいなかったら本当に仕事が大変だ…来てくれて感謝です!
という風に思う。
そうこうしていると、段々自分の心が落ち着いてきたので、自分の子供(←いないけど)に話しかけるように心に話す。
「どうしてそう思うの?」
「どうして集中できないの?」
そうしていく中で自分の矛盾や足りないところ、過去の言葉の過ち…など様々なことが浮かびました。
自分がかつて「悔い改めの祈り」と言いつつ、自分のネガティブな思いを話してしまったこと。
それを自分の心が聞いて、そのように考えてしまったこと。
それが思い浮かびました。
現在の自分は、過去行なったことの結果です。
鄭明析先生の言葉が痛切に思い浮かびました。
でも、
未来の自分は、現在行なったことによって作られる。
この御言葉を思い出して、自分の心に語りかけます。
私はね、神様のことが大好きなんだよ。
今は、幸せなんだよ。

そうやって。
そうしていると、自分のしている仕事の量がいつもより少なく、瞬間祈る時間も持てました!ヽ(*´∀`)ノ
結果、いつもより楽に仕事をすることが出来ました。感謝!
そう、ネガティブな言葉を発するとネガティブな結果になるし、ポジティブな言葉を話せば、ポジティブな結果になるのです。
不思議なことのようですが、考えてみると…「自分の心は思ったより自分の口にしたことを聞いているのだ」ということなんですよね。
これからはもっと、感謝と喜びの言葉を話したいなと思う一日でした。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事