satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理の賛美と信仰告白の相互関係。~鄭明析先生の賛美~

摂理の賛美と信仰告白の相互関係。~鄭明析先生の賛美~

おはようございます。satoです。
今日は摂理の賛美が「信仰告白」だよね、って話を書きます。
私、摂理に来てから賛美を聞いたのですが…。
熱い歌詞、多いんですよ、摂理の賛美。胸熱です(笑)
色々胸熱な歌詞は多いですが…一例を挙げると
この心は、永遠に離れはしない
とか
私には、ただ主
とか
以前も書きましたが、摂理の賛美は信仰の人生、神様の愛を表現する歌詞になっています。言い換えると『信仰告白』です。
だから、摂理の賛美は心情に熱く来たり、喜びの歌詞、希望を表現する歌詞が多いです。
そして、案外ノリノリなものも多いです。
ちなみに、私は胸に熱く来る「心情的な賛美」が比較的好きです。
賛美をするととても力が来る、ということも書きましたが、それは歌詞の中に御子への愛があるから。
歌うことがいわば「自分の信仰告白」となるからです。
(もっとも、それをより実感するには「自分がその歌詞通りの生を生きること」が必須ですが)
摂理の賛美は昨年から多く作られているのですが、最近私が摂理に来て間もない頃の賛美がリメイク(歌詞の変更とかアレンジとか)されて、感動しました(T_T)
その歌は、私が結構歌っていたものの一つだったので…。
新しく作られた賛美もいいですが、やはり経緯の深い賛美は聞くと感動が違います。いや、ホント。
あ、そういえば。
鄭明析先生の賛美を映像で見たことがあるのですが、最近
本当に先生の賛美って、ただ神様への告白だよな…
と気づきました。
人の目を気にしていない。
ただ、神様へ、ありったけの愛を込めて、捧げる賛美。
その気持ちって、ある意味音楽の本質なのではないでしょうか?
メロディも、歌詞も、音程も、元々は「伝えたい何か」を表現するために作られたもの。
それが込められた鄭明析先生の賛美は、『信仰告白』と人生と実践と音楽が融合した生きたものだと感じました。
詩篇100篇
全地よ、主にむかって喜ばしき声をあげよ。
喜びをもって主に仕えよ。
歌いつつ、そのみ前にきたれ。
主こそ神であることを知れ。
われらを造られたものは主であって、
われらは主のものである。
われらはその民、その牧の羊である。
感謝しつつ、その門に入り、
ほめたたえつつ、その大庭に入れ。
主に感謝し、そのみ名をほめまつれ。
主は恵みふかく、そのいつくしみはかぎりなく、
そのまことはよろず代に及ぶからである。
賛美も喜んで、信仰を告白する。
鄭明析先生の賛美は、まさにこの聖句を体現したものだと、私は感じました。
そういう賛美、私も捧げられるように努力します。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事