satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人が見るネット世界:「カルト的人気」が生まれるネットの構造

摂理人が見るネット世界:「カルト的人気」が生まれるネットの構造

おはようございます、satoです。
今日はネット世界について感じることを話します。
ネット世界を見るとわかりますが、ネットって「自分の気が合う人同士」がグループになっていることが多いです。そして、この構造が「カルト的人気」を生み出します。たとえば、アニメだと…。
ここにAというアニメが好きなAさんがいます。AさんはテレビでAをみて「あぁ、面白いなぁ…もっといろいろ知りたいな」と感じてネットで検索します。すると、ネットにはAに関するさまざまな内容の記事が出るわけです。その中でAさんはwikipediaを見たり、ファンサイトを見つけたりします。
ファンサイトには当然Aというアニメが好きな人がいるから、そこには多くの肯定的な意見が書き込まれています。それを見て「あぁ、この人もこう思っているんだ」「あ、この人面白い子とを話しているな。この発想はなかった」とAさんは楽しんで、いつしか自分も書き込みます。
そうしてAさんは「Aが好きな人たち」のグループに入るのでした。
さて、同じAというアニメですが、Bさんはこのアニメが嫌いでした。あんまりおもしろくないと感じていて、さらに周りのAというアニメが好きな人がBさんにしつこく薦めてくるからです。
「本当にこのアニメ面白いんだろうか…」と思って、BさんはネットでAを検索します。すると、「アンチA」というサイトを見つけます。そこにはAというアニメの矛盾点やつまらないところが色々書かれています。
「あ、そうそう私もこう思ってた」「あぁ、こんなところまでダメなんだ…」と、Bさんは納得しつつ、いつしか自分も書き込むようになります。そうして、Bさんは「Aが嫌いな人たち」のグループに入ります。
このように、ネットには多くの情報がありますが、その中でも「自分に合う」ものを選んでいます。そして、「自分に合う人たちの集まり」に参加します。
アニメの場合は特に「熱心的なファン」と「アンチ」ができやすい分野です。多くの人には受け入れられない、もしくは知られていない作品も多くありますし、一般受けしない作品もあります。しかし、そういう作品にもファンがいます。特に、一般受けしないような「癖の強い」作品のファンはかなりハマっている人が多く、熱狂的です。こうして「カルト的に人気のある作品」が生まれるのです。
以上をまとめると「ネットには多くの「偏りのある」情報があり、人は自分の考え・目的に近いものを選択して見ている」ということです。だから、ただネットを見るだけだと「自分の考えに近い」ものだけを見て「自分の考えの傾向」が強化されてしまいます。
なので、自分の考えをもっと良くしたい!成長したい!という人はこういうところに注意してネットを利用しましょう。あと、ネットを見るよりは「色々な人と会い、自分で実際にやってみる」というのがいいと思いますよ。
まぁ、「カルト的人気」な作品が熱心なファンの活動によって一般にも受け入れられ「多くの人に人気な作品」になることもありますから、ネットというのはすごいと思います。たぶんこれに当てはまるのは「空の境界」とかかな…。一般的に有名かはともかく、もともと同人小説だったこの作品が小説を経て映画化されたというのはネットの力が大きいと思います。
全然次元は違いますが、もともとユダヤの極小数にしか受け入れられなかった「キリスト教」が弟子たちの熱心な伝道でローマを経て全世界に広められたというのも、これと同じと言えるでしょう。
…摂理でも、このようになればと思います。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事