satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人の日常:古き友との出会い。

摂理人の日常:古き友との出会い。

※1/20追記しました。
こんばんは、satoです。
今日は色々ありましたが、本当に主に感謝な一日でした。
肉的に色々頑張っている人、特に熱心に取り組んでいる人にとって、摂理の御言葉、精神は共感し、通じるものがある、ということを再認識させていただいた時間でした。
この日の夜、私は久々に会う知り合いとご飯を食べに行きました。
その人たちと会うのは10年ぶりくらいなのですが、それぞれが自分の目標とするところを目指して頑張っている人たちでした。話していくとそれぞれの思い、経緯が出るわ出るわ…。
信仰を持っている私から見ると「あぁ、この人たちも神様によって導かれたんだな…。この人のこういう行ないを神様が絶対ご覧になったな…」と感じたことが盛りだくさんでした。
神様は行なった通り報いてくださる方なので、良い考え、行ないをすればよくなり、悪い考え、行ないをしたら悪くなるように(←神様がそうしている、というよりは人が勝手に悪い方向に行ってしまう)なっています。
そして、その考えが「摂理で話されている聖書や御言葉」と通じるのです。
私は摂理の御言葉を聞いて(足りないながらも)生活しているので御言葉について語ります。皆、納得がいくようでした。
また、私自身の価値を改めて気づかされる時間でもあり、私に対しても神様がその人たちを通して教えてくださるメッセージをたくさん感じました。
私に込められた可能性。主によって引き出させてくださったものもあり、これから作るところもありますが。
今年は絶対に形にしたいなと思います。
取り急ぎ、更新(・・;)

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事