satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人の書いた記事「カルト宗教AKBから、摂理に改宗しました」が私の半生と重なる件について。

摂理人の書いた記事「カルト宗教AKBから、摂理に改宗しました」が私の半生と重なる件について。

※1/14
ご指摘があったので、ドラマCDの画像を削除しました。
もし興味がある方は検索していただければと思います。ついでに、このマンガを通しての悟りを追記。
こんばんば、satoです。
今日は摂理の兄弟が書いたある記事から構想を受けたので、その記事をご紹介。
「摂理のア・ラ・タルトカルト」からこちら。
カルト宗教AKBから、摂理に改宗しました
この記事内でもコメントしてますが、私は「AKB48を目指し、完全にハマっていた女子Gさん」を物語に出していながらAKB48のことについては正直何も知らない状態でした。あ、でも私がまだ礼拝に出ていない時教会の合宿で「ヲタ芸」の出し物をしましたが、そのときAKB48の「会いたかった」がBGMでした。その縁かな。
この記事はかつてAKB48にカルト的にハマっていた摂理人LambさんがAKB48の魅力を語りつつ、アイドルの限界を悟って摂理に来るに至るまでを描いたとてもおもしろい記事です。私も参考になりました。主にAKB48にハマる理由とか。
で、この記事に書いているAKB48にハマる過程なんですが…これ、私が萌えマンガにハマる過程じゃん。
私はもともとマンガ・アニメ好きでしたが、おそらくそれが致命的な一線を越えたのは「プラネットガーディアン」なるマンガに手を出した辺り。
知ってますか、「プラネットガーディアン」。「鋼の錬金術師」などが掲載されていた「月刊少年ガンガン」に載っていた魔法少女(ブラック)ギャグマンガです。私がこの漫画を初めて見たのは、ハガレンがちょうどアニメになってすぐだったかな。私が見たらちょうど最終回でした。
このマンガの「少々可愛らしい絵柄」に魅了されてしまい、弟達がハガレンその他少年漫画の単行本を買う中、一人この単行本を買ったのが堕落萌えアニメにハマる始まりだったのです。
ま、この漫画はこういう絵柄でブラックなギャグをするというシュールな漫画ですので、いわゆる恋愛とかもなくある意味清い…のか?ドラマCDにもなっているので、もしかしたらカルト的に人気があったのかもしれません。
それから高校生から大学生になるにつれて「ローゼンメイデン」「涼宮ハルヒ」シリーズに手を出した辺りで本格的にオタクへの道を歩む事になるのですよ…(ΦωΦ)
このマンガの内容は「子供のときに憧れていた魔法少女に、高校生の時になった」少女の話です。子供の時の純粋さはなく、日々の生活にあくせくしている中で「宇宙人に対応する」魔法少女(宇宙人から「地球を守る」から「プラネットガーディアン」)の使命は負担に感じる。さらに、高校生ゆえの様々な自意識(例:クラスメイトからどう思われているのか気にする→魔法少女とはバレたくない!)もあるなど、非常に繊細で多感な女子高生の魔法少女生活を面白く描いてます。
…やっぱり初恋って大事ですよね。
「魔法少女になって地球を守る!」って子供の頃に抱いた純粋な、何も知らないゆえの熱情。それが冷めたら、どんなに貴重で大事な使命でもただの負担。これって摂理に来てしばしば思うことです。摂理で行う使命もはじめは「神様のために!」って思ってしているはずなのに、気がついたら「周りの人がどう見ているのか…」とか「日々の生活が…」となってルーチンワークになるか、苦痛になるか…。
20140220-43_Ja.jpg
新しくして「初恋の火」が燃えるようにし、終わりまで行ないなさい。
そうすると、御子が続けて「新しいもの」をくださる。
鄭明析牧師の明け方の御言葉より@ Mannam & Daehwa

そうならないためには、日々行う使命について常に新しく始めること、そして、毎日新しく決心して行うことですかね。
20140203-31_Ja.jpg
いくら熱を上げても<初恋>が冷める理由は、
脳が凝り固まってまったく考えられず、どんどん研究をしないからだ。
だから「新しいもの」を見つけられなくて、
「新しい愛の御働き」を広げられないことによって、<初恋>が冷めるのだ。
鄭明析牧師の明け方の御言葉より@ Mannam & Daehwa

改めて振り返ると、マンガを通しても神様からメッセージを下さるのですね。いい機会になりました。本当に感謝します。
しかし、私も多くの漫画を見ましたが、ある時から見なくなりました。
その原因の一端は、「内容が段々暗く、残虐なものになっている」のを感じたから、かもしれません。これについては…またいずれ書くこともあるかもしれません。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事