satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人の悟りの箴言:「すれば生きる」後半

摂理人の悟りの箴言:「すれば生きる」後半

おはようございます、satoです。
今日も摂理人の宿題「すれば生きる」の箴言を書きたいと思います。
最後は「忘れたら死ぬ」も合わせて。
まずはこちらの記事の対となる箴言をば。
51.リズムをとれば、音楽が生きる。このように時に合わせたら、生活が生きる。
52.音程を合わせたら、歌が生きる。
53.詞に込められた心情を込めて歌えば、歌が生きる。このように、心情を入れてこそ、御言葉が生きる。
54.楽器の特性を考えながら演奏したら、演奏が生きる。
55.楽器のケアをしたら、楽器が生きる。このように、自己管理をしてこそ、自分が生きる。
56.自分を大切にしたら、自分が生きる。
57.自分に向けられた愛を感じてこそ、自分の心が生きる。
58.自己肯定をしたら、自分が生きて、死ぬほどの喜びを味わう。
59.歌詞を覚えてこそ、歌える。このように、御言葉を覚えていたら、行いが生きる。
60.互いの呼吸を合わせたら、セッションが生きる。このように、天を呼吸を合わせてこそ賛美が生きる。
61.旋律があってこそ、曲が生きる。このように、過去との繋がりや未来への展望を持てば、人生も生きる。
62.メロディがあってこそ、曲が生きる。このように、新しいイベントをいつも起こしたら、人生に味が出て生きる。
63.皆が指揮に合わせてはじめて、互いの演奏が合いオーケストラが生き生きする。
このように、神様を見てこそ、私たち摂理人は互いに生きる。
64.音程を合わせてこそ、ハーモニーが生きる。このように、自分一人が生きれば、皆も生きる。
65.楽譜を持っていれば、演奏ができる。
66.御言葉を覚えていてこそ、行って生きる、だから暗記しなさい。
67.水泳で息継ぎをしてこそ、溺れずに長距離を泳いでも生きる。そのように、生活でも適切に休憩をしてこそ生きる。
68.基本動作が身についてこそ、試合でも生きる。生活でもそうだ。
69.平和の心を持って初めて、競技が生きる。フェアプレーと紳士的な行為で、見る人もやる人も「楽しい」スポーツになる。
70.練習をしてこそ、試合で生きる。
71.アイコンタクトをしてこそ、パスが生きる。このように、神様を見た祈りが生き、対話が生きる。
72.しかし、まずは互いの疎通だ。疎通をしてこそ、アイコンタクトが生きる。
73.走ってこそ、試合でも自分が生きる。生活でも同じく、自分が走れば使われ、自分が生きる。
74.走り続けてこそ、体力もついて生活が生きる。すべきことが多くてもできるようになって、仕事が生きる。
75.走ってこそ、運動もできて体が生きる。
76.走ってこそ、心も生きる。
77.走ってこそ、健康管理ができて生きる。
78.天を見てこそ、スポーツが生きる。天に栄光を帰するスポーツが本当に生きたスポーツだ。
79.愛してこそ、スポーツが生きる。
80.毎日練習をしてこそ、球感が生きる。(卓球など球技全般で)このように、たゆまず祈れば、霊感が生きる。
81.毎日練習したら、心が燃えて生きる。このように、細かく管理してこそ命に対する熱情が生きる。
82.練習を続けたら、いつも成長し自分が生きる。このように、毎日すべきことをしたら、その分成長して自分が生きる。
83.ポジションを守れば、チームが生きる。このように、自分の位置を守れば、組織が生きる。
84.監督の指示を聞いてこそ、チームが生きる。このように、頭であるキリストに従ってこそ、教会が生きる。
(参考:コリント人への第一の手紙12章27節「あなたがたはキリストのからだであり、ひとりびとりはその肢体である。 」)
85.コート内でも指揮官を中心にしてこそ、チームが生きる。このように、中心を守れば生きる。
86.パスでもシュートでも、ボールの中心に当たれば、威力のついた、生きたパス・シュートになる。
ここからは「忘れたら死ぬ」と合わせて。
87.感謝を忘れたら、不満で心が死ぬ。-感謝してこそ心が生きる。
88.逆に不満を忘れたら、感謝が出て怒りが死ぬ。-不満を持ったら悪なる心が生きる。
89.歴史への自負心を忘れたら、自信を失ってやる気が死ぬ。-歴史の自負心を持てば、自信とやる気に満ち溢れて生きる。
90.悪い考えを忘れたら、悪い心が死ぬ。-悪い考えがあるから、悪い心が死なずに頭の中で生き続ける。
91.頭から罪の考えを忘れたら、サタンが死ぬ。-頭に罪の考えがあるから、サタンが生き生きとやってくる。
92.「御言葉は生かす道を教えてくれる」ということを忘れたら、御言葉の価値が死ぬ。-「御言葉が自分を生かす」ことを覚えていてこそ、御言葉の価値が生きる。
93.神様の愛がどのような愛かを忘れたら、愛の感覚が死ぬ。-神様の愛がどのような愛かをはっきり認識してこそ、愛が生きる。
94.過去の過ちを忘れたら、反省の心が死ぬ。-過去の過ちを教訓にしてこそ、反省して自分が生きる。
95.しかし、過去の兄弟の過ちを忘れなければ、いつまでも恨みの心が生きる。-過去の兄弟の過ちは兄弟が謝った時に忘れてこそ、恨み憎しみが死ぬ。
96.願い求めたことを忘れたら、得たときの喜びが死ぬ。-願い求めたことは忘れないでおいてこそ、得たときに喜びの心が爆発的に生きる。
97.祈ったことを忘れたら、御子が与えた答えが死ぬ。-祈ったことを忘れなければ、御子が答えを与えたときに直ちに感謝し、受け入れ行ない、問題が解決して生きる。
98.やることを忘れたら、時間が死ぬ。-やることを忘れずにしてこそ、時間が生きる。
99.文末の統一、同一単語の繰り返しを避ける、安易な接続語を使わないなど文章の基本を忘れたら、文章が死ぬ。-これら文章の基本を守ってこそ、文章が生きる。
100.これと同じく、御言葉を忘れたら摂理人生が死ぬ。-御言葉を守ってこそ、摂理人生が生きる。
「忘れたら死ぬ」「すれば生きる」の箴言、100個書けました!(^^)/
今回は結構書くのに苦労した…(>_<)これを繰り返し見て暗記します!

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事