satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

ブログで振り返る、摂理人の一年。

ブログで振り返る、摂理人の一年。

おはようございます、satoです。
2014年もいよいよ明日で最後。
今年も一年、主がたくさん働きかけてくださった年でした。本当に感謝します。
摂理で鄭明析先生がおっしゃったことに
「年末は神様が自分にしてくださったことを考え、感謝し、兄弟と和睦をなして笑って終えよう。
そうしてこそ、神様が祝福の基となってくださり、来年も栄える。」

とありました。
といっても、今年一年のことを全て思い出すのは一苦労…。といいたいところなんですが!
今年は違います!そう、このブログがあるじゃない!
というわけで、今年一年をブログの記事を見ながら振り返りたいと思います(^^)/
今年最初の記事は「ニーチェ」の話でした。この観念信仰の話は色々書いていましたね。2月にも「信仰生活」の話で書いていました。
この最後になっても観念的な信仰生活の感覚はいまだ拭えず、ここが私の課題なのかなと思います。なんせ、摂理に来る前からずっと「考えてばかりで動けない」生活をしていましたから…。
それでも、以前よりは格段に行動できるようになったから感謝ですね。本当に。
あと、今年はオリンピックやワールドカップもありましたね!(*^^*)
私もこれらの試合結果を見る中で色々感じたことがありましたね。
それと、今年はたくさんのニュースがありましたが、STAP細胞とか佐村河内事件とかに関しても色々記事を書きました。あと、集団的自衛権などの政治的な話題も年末の総選挙に合わせて書きました。
こういう記事を書きながら、自分自身以前より政治に対する関心や知識を得られ、政治や研究の重要性について悟れたことはとても大きな変化だと思っています。本当に感謝です。次に選挙するときには投票できるようにします!
以上、ここまででリンクを貼ったのは個人的にオススメの記事なのでぜひ見てみてください!(笑)
さて、霊的にこのブログについて見てみると、7月には鄭明析先生からの宿題として摂理人全体に「個人の英雄になることの良さ」を悟った100個の箴言を書きなさいというものがありました。
私はこの機会に箴言を400個書きましたが、これは神様が共にしてくださらないとできないことだったなと改めて思います。今読み返しても、本当に「あぁ、こんなに深いことを私を通して主が話してくださったのか」と心に感動することもしばしば。特に、
42.時間が少ないときほど有利なことはない。時間が少ないからこそ切実になり、深く、強く考えるからだ。
43.また、聖三位がもっと助けてくださるから有利だ。
44.だから…
今までやれなかったとしても、諦めるな!最後まで続けなさい!
45.短い時間の分、経緯がさらに深くなる。
46.短い時間の分、愛情が濃密になる。
47.時間の長さが問題ではない。
「その時間にどれだけのことをしたのか」が問題だ。
この辺り、今年が終わろうとするこの時にとても大きな言葉だなと感じました。最後まで諦めずに変化していきますぜ!この箴言を含む「個人がよくできることの箴言」はこちらの記事に載っています。どうぞ御覧ください!
そして、今年ブログをやる中でもっとも大きかったのは…
【摂理人が書く物語】
を始めたことです!
実はこのブログを始めた当初は「摂理の御言葉を基に自分の作った物語を載せる」つもりで作ったのです。
ところが「時間がないし、労力がかかるから物語は…」といってなかなかできなかったのです。
今年の6月に「引き上げレース中継…。」を書き始めて以降、シリーズとして続けて書いています。
当初は「アルファベットに合わせて26人出すぞ!」ということも考え、さらに細かい設定まで考えるということもしていましたが。これ、私の悪癖である「本筋でないところにめっちゃこだわる」(配列とか設定とか「文章とは関係ないところ」を作りこむ)なんですよね…。
これが面白さにつながればよかったのですが、「26人も覚えられない…」とか「正直設定が微妙…」というお声をいただいて、設定やキャラクターは一旦リセットして書くことにしました。
それでも、一つ一つの物語はやはり感動的で…。
最初の「引き上げレース中継…。」や「二人の責任分担。」あたりは書きながら、「主よ、どうやってこの子助けるんですか?だって、御言葉も祈りもできないんですよ…!」と聞いていました(笑)それで、主がとても感動的な展開を作ってくださり…「そう来ましたかー!!」と私も感動する、という。
書いてて楽しいのは、やっぱり物語だな、と思いました。
個人的に好きなのは、この2つとGさん初登場の「時を超えて、叶う願い。」、Lちゃんが神様の愛を悟った「音のない神の声。」。
Dくんたちが自然の中で色々悟った「収穫の時は来た!」とバレーボールの様子を書いた「過去の残像を振り切るっ!」あたりは書いてて楽しかったです。
あと、芸術祭シリーズはどれもよかったですが、特にNさんの個性を見出す「天の瞳に映るのは、あなた。」はとても感動的でしたね。あと、「「脳の愛」で笑え!天の新婦たちよ。」の(本筋でないけど)D、E、Wくんのトリオのやり取り、Mさんに対してWくんが話す鄭明析先生の話辺りはとても楽しかったですし、胸熱でした!
芸術祭シリーズの総まとめは明日書く予定なのでお楽しみに!
振り返ると、今年は「私自身の個性を発掘した」一年であり、「自分の心の傷を癒やし、摂理への自負心を持つ」一年でもありました。
そして、それ以上に「多くの悟りを得た」一年だったな、と感じます。
このブログという宝を与えて下さり、今年も一年摂理で走れるようにしてくださり、私と共にしてくださった神様、聖霊様、御子、鄭明析先生に感謝です!感謝します~!来年はもっと次元を上げて頑張ります!

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事