satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人が見る「大学の個性」電気通信大学編

摂理人が見る「大学の個性」電気通信大学編

こんばんは、satoです。
各大学に神様が与えた「個性」という宝、それを探しに…今日は「電気通信大学」にお邪魔します!
…肉では遠くて行けないので、魂で(笑)
電気通信大学、通称「電通大」。
広告の最大手企業「電通」と名前が似ている…摂理ではじめてこの大学があることを聞いたのですが、そのときは「電通って大学あるんだ…」と思っていました(笑)実際にはなんの関係もないようです。
電気通信大学はその名前の通り「電気」についてと「通信」について学ぶところです。ちなみに、国立大学で大学名に地方名がついていない(たとえば北大なら「北海道」という地名がついていますが、それがない、ということ)のは現在電通大だけのようです。さらに、2009年までは大学の唯一の学部が「電気通信学部」だったのですが、この名称もここだけだったのだとか。どれだけユニークな大学なのでしょうか(笑)現在は「情報理工学部」に名前が変わりましたが。
ところで、私にはこの大学の学生だった摂理の兄弟でとても仲がよい人がいるんです(笑)その縁で私もこの大学にいる摂理の兄弟たちと一緒にサッカーしたりしたことがあります。そのときの印象ですが…「とても楽しいな!」と思いました。
学生が多かったからかもしれませんが、お互いに冗談も飛ばしながら、本当に大学生のノリで私も一緒にいて楽しかったです。いやー、若いっていいな(笑)私もまぁ若いのですが、学生のノリでは生きていけないからなぁ。(元々の性格もあるけど)
聞いたところではその取り組みも結構ユニークなものが多かったです。映画作りとか、鬼ごっことか…電通大らしいといいますか、なんといいますか。
そんな取り組みをしているからか、みんなとても仲がよかったです。
あと、気配り上手!
私がここの近くの兄弟の家にお世話になっている間、いつもご飯とかお風呂のこととか気にしてくれて…毎日ご飯を作ってくれて。その心遣いが胸に染みました。
こういう「できる」ところが就職でも効くのか、就活もそこまでしてないように見えるのにいつの間にか就職している、なんてことが多いらしいです。
電通大は調布、東京の中では比較的田舎のところにありますが…まさに「畑に隠された宝」ですね!
マタイによる福音書13章44-46節
天国は、畑に隠してある宝のようなものである。人がそれを見つけると隠しておき、喜びのあまり、行って持ち物をみな売りはらい、そしてその畑を買うのである。
また天国は、良い真珠を捜している商人のようなものである。
高価な真珠一個を見いだすと、行って持ち物をみな売りはらい、そしてこれを買うのである

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事